鉄道 ジャワ島の鉄道 インドネシアの鉄道 駅弁・車内販売ほか 記録 2019/7インドネシア

7,ジャカルタからスマランへ:アルゴ・ムリア(Argo Muria):2019/8/1【2019/7インドネシア】

投稿日:2019年10月30日

【スポンサーリンク】



2019年8月1日木曜日。この日は、まず、7時にガンビル駅を出るアルゴ・ムリア(Argo Muria)でスマランへ移動する。

5時40分に起床し、準備を済ませ、6時過ぎにホテルをチェックアウトする。スパークスホテルの前から、流しのブルーバードタクシーを捕まえてガンビル駅へ向かう。メーターでRp26,000位であった。チップ込みでRp30,000渡す。

 

2019/2/1:Argo Muria:Gambir  → Semarang Tawang

朝のガンビル駅は混雑していた。

人混みの中、チェックインを済ませ、改札口へ向かう。

乗車券。

階段を上がり、ホームへ向かう。

この日乗車するアルゴ・ムリアは、ジャカルタとスマランを結ぶ優等列車である。列車名である「ムリア」は、中部ジャワ、スマラン近郊にある山の名前である。

スマラン行きのアルゴ・ムリアは、4番線からの出発であった。6時40分には既に停車して、客を乗せていた。

サボ。

 

この列車は上級クラスのみの構成であり、1等Eksektif車を9両、最後尾にPriority車を連結している。Eksektifの車両は、アルゴ・ブロモ・アングレックのかつての専用車であった。2000年頃に製造された車両で、下膨れの車体が特徴である。この車両が現在ではアルゴ・ムリアで運用されているという情報を目にしたので、今回この列車に乗車することにしたのであった。

 

車内に入る。座席は新しそうである。

シートピッチは写真の通り広い。しかし、一般的なEksektifの座席には設置されているフットレストは、この座席には設置されていない。

 

トイレは、各車両のデッキに洋式とインドネシア式が1つずつ設置されていた。

 

【スポンサーリンク】


 

7時00分、定刻でガンビル駅を出発する。

座席ポケットに入れられていた車内販売のメニュー。弁当、お菓子、飲み物などが書かれている。

 

ジャティネガラを過ぎ、北幹線の複々線区間を進む。

 

ワゴンを押した車内販売員が来る。朝食を食べていなかったので、ナシゴレン弁当を注文する。Rp35,000也。数ヶ月前にも食べた"Nasigoreng Parahyangan"であった。メインのナシゴレンの他、骨付き鶏肉と目玉焼きが入っている。ナシゴレンは辛めの味付けで美味しかった。

レシート。

 

9時45分、チルボン(Cirebon)に到着する。

 

10時55分、テガール(Tegal)に到着する。5分ほど停車した。少しホームに出てみた。この駅では5年前に降りたことがある。

 

11時43分、ペカロンガン(Pekalongan)に到着する。

 

ペカロンガンを出ると、進行方向左手に大きな広場が見える。

その後、ジャワ海に近づく。わずかではあるが、ジャワ海のすぐそばを走る区間もある。

水田が広がる。

 

終点のスマラン・タワン(Semarang Tawang)には12時55分に到着した。5分の早着であった。ジャカルタから乗り通す客も案外多かった。

電光表示は使われていなかった。

 

スマラン・タワン駅。

 

【スポンサーリンク】


 

【ジャワ島の中長距離列車の乗車記録】

14,バンドンからジャカルタへ:臨時アルゴ・パラヒャンガン(Argo Parahyangan Tambahan)7051列車:2019/2/4【2019/2インドネシア】

6,ブミアユからスマランへ:Joglosemarkerto 7079列車:2019/2/2【2019/2インドネシア】

5,ジャカルタからブミアユへ:ファジャール・ウタマ・ジョグジャ(Fajar Utama Yogya)118列車:2019/2/2【2019/2インドネシア】

15,バンドンからジャカルタへ:アルゴ・パラヒャンガン(Argo Parahyangan):プライオリティ(Priority):2018/8/16【2018/8インドネシア】

9,ジャカルタからソロへ:アルゴ・ラウ(Argo Lawu):2018/2/3【2018/2インドネシア】

11,ソロからスマランへ:ブランタス(Brantas):2016/9/17【2016/9インドネシア】

10,クディリからソロへ:マリオボロエクスプレス(Malioboro Ekspres):2016/9/17【2016/9インドネシア】

14,スラバヤからスマランへ:ジャヤバヤ(Jayabaya)(1):2015/2/24【2015/2インドネシア】

15,ジャカルタからテガールへ:チルボンエクスプレス(Cirebon Ekspres):2014/2/21【2014/2インドネシア】

21,ジャカルタからチラチャップへ:プルウォジャヤ(Purwojaya)72列車 (1):2013/11/3【2013/10インドネシア】

22,スラバヤからデンパサールへ(1):ムティアラ・ティムール(Mutiara Timur)85列車:2013/3/23【2013/3インドネシア】

36,バンドンからスラバヤへ:アルゴ・ウィリス(Argo Wilis)6列車(1):2011/9/20【2011/9インドネシア】

30,ジャカルタからバンドンへ:アルゴ・パラヒャンガン(Argo Parahyangan):2011/9/18【2011/9インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, ジャワ島の鉄道, インドネシアの鉄道, 駅弁・車内販売ほか, 記録, 2019/7インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.