鉄道 ジャワ島の鉄道 インドネシアの鉄道 駅弁・車内販売ほか 記録 2014/2インドネシア

15,ジャカルタからテガールへ:チルボンエクスプレス(Cirebon Ekspres):2014/2/21【2014/2インドネシア】

投稿日:2019年8月17日

【スポンサーリンク】



2014年2月21日金曜日。この日はジャカルタからテガールへ向かう。

7時起床。のどの調子がおかしい。やたらと咳をする。ジャカルタの空気にやられたのだろうか。薬を飲む。結局この日は、断続的にではあったが1日中ゲホゲホやってた。胸が痛かった。

9時に朝飯を食いにロカサリのケンタッキーへ行き、朝食セットを注文する。チキン、ご飯、スクランブルエッグと紅茶がセットで、Rp25,000也。

帰り際、ネコの戦いを見た。

10時10分にホテルを出て、マンガブンサールの通りでエクスプレスタクシーを捕まえ、ガンビル駅へ向かう。20分ほどで着く。Rp23,000也。

 

2014/2/21:Cirebon Ekspres:Gambir → Tegal

ガンビル駅改札口。

11時発のチルボンエクスプレス(Cirebon Ekspres)、テガール行きは、10時45分、客を乗せて到着した。チルボンからの列車がそのまま折り返すのであった。停車前から赤帽が乗り込む。停車後、すぐに清掃員が乗り込み、清掃を開始している。

乗車券。

列車は1等Eksektifと2等Bisnisで構成されている。今回は2等Bisnisに乗車する。

乗車券には1号車の16Bと書かれている。これがけしからぬ座席で、すぐ前がトイレで、シートと壁との間が20cmほどであった。窓と合っていることが唯一の救いである。隣にチルボンまで行くというおばさんが来る。やはり足下の狭さに驚いている。このおばさん、何も言わずにそのまま座ったので、このままいくことにする。

(テガール到着後撮影)

隣席のおばさん、英語ができたので少し話をしたが、仏教と神道はどのように違うのかとか、神道の神とは何なのか、キリストとはどのように違うのかなどと質問してくる。さらに、突然に「"Akihito"と"Naruhito"はどうしているか」と聞かれ、天皇家のことを聞いているのだと気づくまで少し時間がかかった。インドネシアでこのような質問をされたのは初めてである。ただ、このおばさんのインドネシア語混じりの英語は聞き取りにくく、お互いにどれほど意思疎通できたかは分からぬ。

 

列車は11時02分にガンビル駅を出発した。マンガライ、ジャティネガラと進み、チレボン方面に進路を向けると、スピードが出る。

昼食の注文を取りに来る。ナシラメス(Nasi Rames)とスプライトを注文する。20分ほどで届く。弁当ではなく、お皿にのせられてきた。美味しくいただく。さらに30分ほどして会計となる。Rp34,000也。

食事の領収書。

13時57分、チルボンに到着する。隣のおばさんが降りる。ここから乗ってくる客はおらず、この後は2席使える。

列車はチルボンで10分ほど停車する。ホームに降りてタバコを吸う客もいる。もっとも、タバコを吸っている客がいる付近の柱には、"No smoking"の文字がある。駅舎側のホームにも列車が停車しており、サボを見るとチレボン発バンドン行きであった。後でWikipediaで調べると、13時45分にバンドン行きのCiremai Ekspresがある。たぶんこの列車だろう。

14時07分にチルボンを発車する。

14時10分、車内販売が"Pop Mie, Pop Mie..."と言いつつカップ麺の販売に来る。"Pop Mie"とはインドネシアのカップ麺のブランドであり、コンビニではどこでも見かけるし、ジャカルタの電鉄線でもラッピングカーがある。

14時30分、ババカン(Babakan)に停車する。ホームと一般道が柵で分けられておらず、駅舎はあるものの、降りる客は駅舎に寄らずに迎えの車やバイクに乗っていく。

14時42分、ロサリ(Losari)に停車する。この駅もババカン駅と似た作りの駅である。

14時53分、タンジュン(Tanjung)に停車する。

15時12分、ブレブス(Brebus)に停車する。

終点のテガールには15時28分に到着した。定刻4分の早着であった。

 

テガール駅。

駅舎。

シャンデリアが洒落ている。

駅の切符売り場で、明日のスマランまでの乗車券を購入する。郵便局や銀行にあるような整理券の発行機があり、ここで券をもらい、窓口にその番号が表示されたら、窓口に行って切符を購入する。

40人待ちで、結局1時間ほど待たされた。その間に、乗ってきたチルボンエクスプレスは折り返し16時20分発のジャカルタ行きとなって出発していく。16時半過ぎにやっと順番が回ってきた。明日12時20分発のスマラン行きの列車の乗車券を購入する。Rp50,000也。

 

【2014/2インドネシア】

14,ジャカルタ2日目の夜:2014/2/20【2014/2インドネシア】

15,ジャカルタからテガールへ:チルボンエクスプレス(Cirebon Ekspres):2014/2/21【2014/2インドネシア】【←本記事】

16,テガール:カリタインターナショナルホテル(Karlita International Hotel):2014/2/21【2014/2インドネシア】

 

【スポンサーリンク】


 

【2等ビスニス(Bisnis)車の過去の乗車記録】

21,ジャカルタからチラチャップへ:プルウォジャヤ(Purwojaya)72列車 (1):2013/11/3【2013/10インドネシア】

 

【ジャワ島のその他の中長距離列車の乗車記録】

22,スラバヤからデンパサールへ(1):ムティアラ・ティムール(Mutiara Timur)85列車:2013/3/23【2013/3インドネシア】

36,バンドンからスラバヤへ:アルゴ・ウィリス(Argo Wilis)6列車(1):2011/9/20【2011/9インドネシア】

30,ジャカルタからバンドンへ:アルゴ・パラヒャンガン(Argo Parahyangan):2011/9/18【2011/9インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, ジャワ島の鉄道, インドネシアの鉄道, 駅弁・車内販売ほか, 記録, 2014/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.