インドネシアのホテル ホテル 記録 2019/7インドネシア

8,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2019/8/1【2019/7インドネシア】

投稿日:2019年10月31日

【スポンサーリンク】



ジャカルタからのアルゴ・ムリアは、スマラン・タワン駅に12時55分に到着した。

スマランでは、ホテルオリンピックに宿泊する。スマランではこれまで一貫してこのホテルに宿泊しているが、ポンチョル駅に近く、かつ安いので、大変気に入っている。

スマラン・タワン駅の到着口を出て、出発口の方へ歩き、さらにその奥の駐車場のゲートから駅の外に出ると、トランススマランの乗車口がある。ここの係員からトランススマランの乗車券を購入する。Rp3,500也。

ポンチョル駅に行かないバスも多い。乗るべきバスが来ると,係員が教えてくれる。私だけを乗せてバスは出発した。途中で何人か客を乗せる。タワン駅を出て10分ほどでポンチョル駅に到着した。13時20分頃であった。

 

ポンチョル駅でこの後の乗車券を手配し、その後、駅の食堂で昼飯にする。Tehjawa Cafeという喫茶店のような店で、アヒル肉のプレートを食べた。

 

【スポンサーリンク】


 

2019/8/1-2:ホテルオリンピック(Hotel Olympic)

ホテルに向かう。

ホテル前の道。

今回は予約したのはダブルルームであった。この日にアゴダで予約できた部屋の中で一番安い部屋であり、1泊1,459円であった。

125Aという妙な番号の部屋に入る。

部屋は、前回宿泊したツインの部屋よりも広かった。もっとも、設備は、ダブルベッドが1台あるという他はツインの部屋と同じである。

シャワー・トイレ。

窓からの景色。

 

朝食込みの料金で予約していたので、翌朝の朝食についてもここで併せて記す。

朝食券。

レストランに行くと、パンかご飯かと聞かれる。ご飯を頼む。ナシラメスであった。

食べていると、パンも持ってきてくれた。人が少なかったからか、サービスしてくれたのだろう。せっかくなので、こちらも食べる。チョコレートクリームが中に塗られたトーストであった。

 

【スポンサーリンク】


 

【同ホテルの過去の宿泊記録】

7,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2019/2/2【2019/2インドネシア】

12,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2016/9/17【2016/9インドネシア】

16,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2015/2/24【2015/2インドネシア】

18,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2014/2/22【2014/2インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-インドネシアのホテル, ホテル, 記録, 2019/7インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.