「民鉄(東)」 一覧

福島交通飯坂線(飯坂電車):福島交通1000系:2023/9/30

福島交通飯坂線は、福島と飯坂温泉の9.2kmを結ぶ路線で、1924年に開業した。両端の駅を含めて12駅、乗り通すと所要時間は23分である。本数は比較的充実しており、現在、朝はおよそ20分間隔、昼間は2 ...

阿武隈急行線(2):梁川から福島へ:阿武隈急行AB900系「阿武急 ラプラス&ラッキートレイン」:2023/9/30

【前から続く】 槻木を12時42分に出発した梁川行きの普通列車は、終点の梁川に13時25分に到着した。梁川からは、1分の乗り継ぎで、ホームの向かい側に停車している13時26分発の福島行きに乗り換えた。 ...

阿武隈急行線(1):槻木から梁川へ:阿武隈急行8100系「政宗ブルーライナー」:2023/9/30

阿武隈急行線は、宮城県の槻木と福島県の福島の54.9kmを結ぶ第三セクターの路線である。槻木も福島も東北本線との接続駅であり、阿武隈急行線は東北本線より東側を、阿武隈川に沿って走る。 この路線はもとも ...

西武秩父から池袋へ:特急ちちぶ28号:西武001系「ラビュー(Laview)」:2023/5/20

2023年5月20日土曜日。 秩父からの帰りは、西武鉄道の特急列車を利用することにした。 西武秩父から池袋へは、1時間に1本、有料の特急列車「ちちぶ」が設定されている。2020年以降は、全ての列車が0 ...

三峰口から西武秩父へ:秩父鉄道・西武秩父線直通列車:西武4000系:2023/5/20

西武秩父線と秩父鉄道線は、1つの駅で直接接続しているわけではないが、西武秩父線の西武秩父駅、秩父鉄道線の御花畑駅付近で、両線は寄り添っている。西武秩父駅・御花畑駅は両路線の乗換駅として案内されており、 ...

羽生から三峰口へ:秩父鉄道:急行秩父路1号:秩父鉄道6000系:2023/5/20

秩父鉄道秩父本線は、埼玉県の羽生から熊谷、寄居、秩父を経て三峰口までの71.7kmを結ぶ路線である。 秩父鉄道では、有料急行列車「秩父路」を毎日上下2本ずつ運行している。平日と土休日とでダイヤは異なり ...

埼玉高速鉄道2000系:2023/5/4

埼玉高速鉄道2000系は、2001年3月の埼玉高速鉄道線の開業にあわせて、2000年から2001年にかけて6両編成10本が製造された。埼玉高速鉄道線のほか、相互直通運転先の東京メトロ南北線、東急目黒線 ...

東京メトロ15000系:2023/5/3

東京メトロ15000系は、東京メトロ東西線の車両として2010年に導入が開始され、現在では16編成が、東京メトロ東西線とその相互直通運転先であるJR中央・総武線、東葉高速鉄道線において運用に入っている ...

中学校駅(千葉県:山万ユーカリが丘線):2023/5/3

山万は千葉県のユーカリが丘ニュータウンを開発した不動産会社であるが、このニュータウンにおいて、住民の便宜を図り、1982年から鉄道「ユーカリが丘線」の運行も行っている。駅数は6つで、京成線との接続駅で ...

東武8000系(800型):801F(801編成):2023/4/29

東武8000系は、1963年から1983年にかけて712両製造された。この712両という両数は、1つの形式の製造両数としては私鉄で最多であるという。一定数は既に廃車となっているが、現在でも、群馬県や埼 ...

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.