鉄道 ジャワ島の鉄道 インドネシアの鉄道 駅弁・車内販売ほか 記録 2013/10インドネシア

21,ジャカルタからチラチャップへ:プルウォジャヤ(Purwojaya)72列車 (1):2013/11/3【2013/10インドネシア】

投稿日:2019年8月14日

【スポンサーリンク】



2013年11月3日日曜日。この日はジャカルタからチラチャップへ向かう。

なぜかなかなか寝付けなかったが、それでもいつの間にか寝入ったようで、5時に目覚ましで起床する。5時15分にモーニングコールがフロントからかかる。

5時45分にチェックアウト。デポジットの返金をうけて、ホテルを出る。ホテルの前に立っていたブルーバードの運転手と目が合い、そのタクシーでガンビル駅へ向かう。朝のジャカルタは、ジョキングをしている人や競技用自転車に乗っている人が多い。マンガブサールにいると夜の街という印象があるが、ジャカルタは朝も早いようである。トランスジャカルタも既に続々と運行していた。料金はRp21,840也。Rp23,000払う。

ガンビル駅は人が多かった。朝方に出発する列車も多く、また各地から到着する夜行列車も数多くあるからであろう。開いている店も多い。

パスポートと乗車券のチェックを経て、構内に入る。

乗車券。

チラチャップ行きのプルウォジャヤ(Purwojaya)72列車は、4番線からの出発であった。階段を上がってホームへ行く。

ホーム。

反対側のホームに、スラバヤからの夜行スンブラニ(Sembrani)号が到着する。列車が停車する前に赤帽が列車に飛び乗っている。到着前から商売が始まっているという感じである。

 

2013/11/3:Purwojaya:72:Gambir → Cilacap

チラチャップ行きプルウォジャヤ72列車は、マンガライ方から6時20分頃入線した。1等車"Eksektif"の車両、電源車、そして2等車"Bisinis"の車両と続く。

"Bisinis"の3号車に乗車する。座席は8Dで窓側。座席は転換クロスシートである。

エアコンは家庭用のものが取り付けられているが、後付けであろう。

各座席にコンセントがある。

隣にはインドネシア人の大学生が座り、英語で少し会話をする。もっとも、この人、通路を挟んだ8Bと座席を間違えていて、その後、結構体格の良いおばさんが座る。愛想が良く、インドネシア語だけであったが意思疎通を図ることができた。プルウォケルトまで行くとのことであった。

6時42分、定刻12分遅れでガンビルを出発する。

直前に列車が走っているのか、徐行運転で高架線を走る。ゴンダンディアを通過し、チキニ駅に入る手前で5分ほど停車する。6時56分、マンガライを通過する。7時01分にジャティネガラを通過すると、途端にスピードが上がる。

複々線工事の用地だろうか。

係員が、メニューを持って食事の注文に来る。注文している客が多い。まだ朝飯を食べていないので、メニューを見せてもらう。ナシゴレンを注文する。

車窓から。

7時15分、ブカシに停車する。

注文した朝飯が届く。ナシゴレン弁当とオレンジジュースのセットであった。弁当箱は、日本で見るそれなのだが、空間の使い方の問題なのか、やたらとすかすか感がある。ナシゴレンは辛めであった。

食べると眠くなる。寝ていると、おばさんに起こされる。横に係員が立っている。弁当の料金徴収であった。Rp30,000を払う。領収書をくれる。

車窓から。

9時06分、Telagasariに停車する。すぐに発車する。9時10分、ジャティバラン(Jatibarang)に停車する。20秒程度の停車で発車する。

 

9時40分、チルボンに到着した。時刻表によると定刻は9時18分であるから、既に22分ほど遅れている。

隣にはファジャール・ウタマ(Fajar Utama)が停車している。ジャカルタのパサールスネンを6時50分に出発したジョグジャカルタ行きである。時刻表では、チルボンには9時37分に到着して42分に出発することになっているから、あちらは定刻での運行である。

 

【2013/10インドネシア】

20,ジャカルタ2日目の夜:2013/11/2【2013/10インドネシア】

21,ジャカルタからチラチャップへ:プルウォジャヤ(Purwojaya)72列車 (1):2013/11/3【2013/10インドネシア】

22,ジャカルタからチラチャップへ:プルウォジャヤ(Purwojaya)72列車(2):2013/11/3【2013/10インドネシア】

23,ジャカルタからチラチャップへ:プルウォジャヤ(Purwojaya)72列車(3) :2013/11/3【2013/10インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, ジャワ島の鉄道, インドネシアの鉄道, 駅弁・車内販売ほか, 記録, 2013/10インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.