アジアの空港・ラウンジなど 飛行機 空港・ラウンジなど 記録 2019/2インドネシア アシアナ航空【韓国】

18,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2019/2/5【2019/2インドネシア】

投稿日:2019年10月7日

【スポンサーリンク】



ジャカルタからのアシアナ航空762便は、定刻9時30分着のところ、18分早く9時12分に到着した。次に乗り継ぐ予定の便は、15時10分発の仙台行きである。

2019/2/5:仁川国際空港:ターミナル1:アシアナビジネスラウンジEast

保安検査場を経て出発階に上がり、アシアナラウンジのEastの方へ行く。

まずシャワーを浴びる。

 

この時間帯、ラウンジ内は空いていた。

 

昼は、ラウンジでスパゲティやら点心やらカップ麺をつまむ。以前と比べて内容がかなり充実してきた。

 

【スポンサーリンク】

 

2019/2/5:アシアナ航空152便(OZ152):ソウル(仁川)→ 仙台:A321-200(HL8038)

15時10分発のアシアナ航空152便は、15番搭乗口から14時45分搭乗開始となっている。

14時50分に搭乗口に向かうと、列は既になかった。機材はA321-200型機。全席にシートテレビが設置されている。3席を2人で使うくらいの搭乗率であった。

搭乗はスムーズに終わり、15時10分より前に動き出した。

搭乗券。

離陸後、機内食のサービスがある。いつものボックスとホットミールである。ホットミールは、鶏の唐揚げとチャーハンであった。2月に搭乗したときと同じように見えるが微妙に異なる。ボックスの中には、キウイーゼリー、パンと水が入っていた。美味しく食べる。

機内食のサービス中から大きな揺れが断続的にあり、シートベルトサインが点灯する。そのうちに着陸まで40分を切り、温かい飲み物のサービスはできないとの放送が入る。揺れの合間に手早く食事が片付けられる。

福井県で本州に入り、石川県、富山県、新潟県、山形県上空を飛行し、宮城へと向かう。

仙台空港には17時10分に到着した。

税関検査では開封検査を求められることはなかったが、ボディチェックがあった。

 

2019/2/5:仙台バス:臨空循環バス:仙台国際空港→館腰駅

2019/2/5:JR東北本線:普通:館腰→仙台

17時23分発の仙台行き電車には間に合わなかった。17時29分の臨空循環バスで館腰駅へ向かい、そこから東北本線で仙台に帰った。こちらのルートの方が、仙台空港線を利用するよりも100円ほど安い。

 

【スポンサーリンク】

 

【過去のアシアナ航空152便の搭乗記録】

21,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2018/8/18【2018/8インドネシア】

18,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2018/2/6【2018/2インドネシア】

23,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2017/8/17【2017/8インドネシア】

21,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2017/3/13【2017/3インドネシア】

15,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2017/2/6【2017/2インドネシア】

26,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2016/2/10【2016/2インドネシア】

50,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2014/9/22【2014/9コロンビア】

33,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2013/2/25【2013/2オーストラリア】

17,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2012/11/4【2012/10インドネシア】

46,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2012/4/5【2012/3中国・ロシア】

 

<【2019/2インドネシア】・完>

【スポンサーリンク】



-アジアの空港・ラウンジなど, 飛行機, 空港・ラウンジなど, 記録, 2019/2インドネシア, アシアナ航空【韓国】

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.