海外旅行・目次 記録・目次 記録 2019/2インドネシア

1,序【2019/2インドネシア】

投稿日:2019年9月30日

【スポンサーリンク】



2019年2月1日から3泊5日で、ちょっと早い春休みを設定してインドネシアに行ってきた。

今回は中部ジャワのプルプック(Prupuk)とテガール(Tegal)とを結ぶ路線に乗ることとした。この区間を走る定期列車は、プルウォケルト(Purwokerto)とスマラン(Semarang)とを結ぶ中距離列車という形で、2014年より運行が開始された。列車名はカマンダカ(Kamandaka)であり、運行当初は1日1往復であったのが、盛況であったのかいつの間にか1日3往復となった。

さらに、2018年の12月から、プルウォケルトとスマランの間で列車を1日3往復走らせるという点は維持しつつ、運行形態はかなり複雑なものとなり、列車名もJoglosemarkertoに代わった。Joglosemarkertoという列車名は、Jogjakarta、Solo、Semarang、Purwokertoという沿線の地名からとられたものであるようだが、ソロから南本線をジョグジャカルタ、プルウォケルト、プルプックと進み、テガールを経て北本線に入りスマラン、そしてソロに戻る、あるいはその逆という環状運転が基礎にある。もっとも、wikipediaインドネシア語版やインドネシアのニュースで見ていただければ分かるとおり、実際の運用はそう単純ではない。さらに、tiket.com等の予約サイトでは購入できない(と当時は勘違いしていた)区間もあり、運用の実態はいまいち不明であった。

今回はこのプルプックとテガールを結ぶ路線に乗ろうと思ったのだが、予約はなかなか難航し、計画が定まったのは出発3日前であった。というのも、2月以降のJoglosemarkertoの運行についてtiket.comではなかなか予約が開始されず、私が予約開始に気がついたのは1月28日であったからである。tiket.comで予約できる区間とwikipedia掲載の時刻表とはまだ乖離があり、実際にどのような運行をしているのかは相変わらずよく分からない。しかし、2月以降もプルプックとテガールとを結ぶ路線を走る定期列車があることは明らかとなった。なお、2月以降は、一部列車はプルウォケルトとスマランとの間のみの運行となり、当該列車の列車名は従来のカマンダカに戻っていた。

 

結局、今回のインドネシア旅行は次のような旅程となった。

まず、2月1日は、仙台からソウル経由でジャカルタに入る。

2日は、朝6時15分にパサール・スネン(Pasar Senen)を出るファジャール・ウタマ・ジョグジャ(Fajar Utama Yogya)で、ブレベス地方のブミアユ(Bumiayu)まで行く。この列車、1月28日の時点でどうやら満席だったようだが、偶然にもほんの一時空席が出て、それを押さえることができた。10時34分にブミアユに到着し、11時08分のJoglosemarkertoに乗り継ぎ、目的の路線を経てスマランへ向かう。スマランには14時30分に到着する。この日はスマランで宿泊する。

3日はスマランの街歩きをした後、16時35分のナム・エアー230便でバンドンへ移動する。

4日は、バンドンからアルゴ・パラヒャンガン(Argo Parahyangan)でジャカルタに戻り、マッサージに行ったり夕食を食べた後、深夜便でソウルへ向かう。いつもは帰国日は朝からジャカルタで過ごしていたが、どうもマンネリ化してきたので、今回はいつもと趣向を変えてみたのである。仙台に戻るのは5日の夕方である。

 

予約にあたって、トラブルが2つほどあった。まず、tiket.comでのクレジットカード決済ができなくなったのである。もっとも、これは経験があるので、tiket.comのカスタマーサービスに問い合わせ、クレジットカードを使えるようにしてもらう。しかし、それで3つほど乗車券を買ったところ、また決済ができなくなった。今度は、tiket.comだけでなくAgodaでの決済もできなくなったため、クレジットカードの方に問題が生じたかと思い、カード会社に電話したところ、セキュリティ上の問題でロックがかかっていることが判明した。クレジットカード会社のコンピューターがtiket.comでの決済を不審なものと判断したようで、自動的にロックをかけたらしい。この点は、その電話でtiket.comでの決済が私本人のものであることが確認できたとのことで、すぐに解除してもらうことができた。おかげで、旅行前にすべて予約することができた。

 

【目次】

・2019年2月1日金曜日(ジャカルタ泊)

2,仙台からソウル(仁川)へ:アシアナ航空151便:2019/2/1【2019/2インドネシア】

3,ソウル(仁川)からジャカルタへ:アシアナ航空761便:2019/2/1【2019/2インドネシア】

4,ジャカルタ:ホテルスパークスライフジャカルタ(Hotel Sparkslife Jakarta):2019/2/1【2019/2インドネシア】

・2019年2月2日土曜日(スマラン泊)

5,ジャカルタからブミアユへ:ファジャール・ウタマ・ジョグジャ(Fajar Utama Yogya)118列車:2019/2/2【2019/2インドネシア】

6,ブミアユからスマランへ:Joglosemarkerto 7079列車:2019/2/2【2019/2インドネシア】

7,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2019/2/2【2019/2インドネシア】

8,スマランの夜:2019/2/2【2019/2インドネシア】

・2019年2月3日日曜日(バンドン泊)

9,スマラン:大覚寺・中華街:2019/2/3【2019/2インドネシア】

10,スマラン:旧市街(コタラマ):2019/2/3【2019/2インドネシア】

11,スマランからバンドンへ:ウイングス・エア1897便:2019/2/3【2019/2インドネシア】

12,バンドン:エル・カバナホテル(El Cavana Hotel):2019/2/3【2019/2インドネシア】

13,ローカル・バンドン・ラヤ(Local Bandung Raya):2019/2/3【2019/2インドネシア】

・2019年2月4日月曜日(機内泊)

14,バンドンからジャカルタへ:臨時アルゴ・パラヒャンガン(Argo Parahyangan Tambahan)7051列車:2019/2/4【2019/2インドネシア】

15,ジャカルタ:2019/2/4【2019/2インドネシア】

16,ガンビル駅からスカルノハッタ空港へ:ダムリ空港バス:2019/2/4【2019/2インドネシア】

17,ジャカルタからソウル(仁川)へ:アシアナ航空762便:2019/2/4【2019/2インドネシア】

・2019年2月5日火曜日

18,ソウル(仁川)から仙台へ:アシアナ航空152便:2019/2/5【2019/2インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-海外旅行・目次, 記録・目次, 記録, 2019/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.