鉄道 日本の鉄道 民鉄(東) 記録 2022その他

東急8500系「Bunkamura号」:2022/9/30

投稿日:

【スポンサーリンク】



東急8500系は、1975年から1991年にかけて400両製造された。5000系や2020系の導入に伴い運用の離脱が進み、2022年9月現在で残されたのは10両編成1本のみであり、東急田園都市線及びその直通運転先である東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線・日光線で運用に就いている。この編成も、2023年1月に引退が予定されている。

【→東急田園都市線の8500系についてはこちらも参照】

残された1編成は8637Fで、1986年、1987年に製造された車両で構成されている。この編成には、2018年より、渋谷にある大型複合文化施設「Bunkamura」に関するラッピングが施されており、「Bunkamura号」と呼ばれている。

 

今回乗車したのは、2022年9月30日金曜日である。

この日は、7時56分に長津田を出る南栗橋行きに8500系が充当されており、この列車に都内から南栗橋まで乗車した。

「Bunkamura号」は青帯となっている。

前面には「ありがとう8500系 Since1975」のシールが貼られている。

 

側面。

 

ドアが閉まってはじめて、ドアが赤、緑、黄、青に塗られていることに気がついた。

 

車内。ロングシートの座席には、中間に仕切りがある。

 

ドア。

千鳥配置でLEDの案内表示器が設置されている。情報が2段で表示される。

表示器がない側のドア上には広告枠があり、「Bunkamura」の宣伝が入れられていた。

 

乗車した車両は1986年(昭和61年)東急車輌製造であった。

 

【東急8500系の乗車記録】

東急8500系:2021/4/11

【元東急8500系の乗車記録】

長野電鉄8500系:2021/8/7

20,ジャカルタの通勤列車(3):アンケ駅:2017/8/16【2017/8インドネシア】

22,ジャカルタの通勤列車(3):環状線(2):2014/12/26【2014/12インドネシア】

19,ジャカルタの通勤列車(1):2013/11/2【2013/10インドネシア】

26,ジャカルタの通勤列車(5):ボゴールからジャカルタへ:パクアンエクスプレス(Pakuam Ekspres):2011/4/24【2011/4インドネシア】

【東急のその他の車両の乗車記録】

大井町から長津田へ:東急大井町線:Qシート:2020/10/30

東京メトロ日比谷線:東急1000系:2013/2/12

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, 日本の鉄道, 民鉄(東), 記録, 2022その他

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.