ジャカルタの通勤列車 鉄道 インドネシアの鉄道 記録 2017/8インドネシア

20,ジャカルタの通勤列車(3):アンケ駅:2017/8/16【2017/8インドネシア】

投稿日:2019年9月13日

【スポンサーリンク】



2017/8/16:Commuter Line:Manggarai → Angke

隣のホームに、元東急8000系のアンケ(Angke)行きが到着した。急いで移動し、これに乗る。アンケ駅に行こうと思う。思えば、今年3月にメラクへ行く際にアンケ駅を使ったが、列車の時間を勘違いしていたため、駅周辺を見る時間はなかった。

スディルマン(Sudirman)駅を出てすぐに工事中の駅が現れる。これが、空港鉄道の駅らしい。アンケの1つ手前のドゥリ(Duri)で、車内からほとんど客がいなくなる。

アンケ駅に到着した。車内清掃員が清掃を行っている

列車は、客を降ろした後、カンプンバンダン(Kampungbandan)方向へすぐに回送されていった。

アンケ駅付近はやはり市場であった。道路沿いには果物を売る屋台が目立ち、駅の側には服を売る店が並んでいた。

 

(かつてアンケ駅を始発駅としていたパタスメラクの乗車記録)

9,ジャカルタからメラクへ:パタスメラク(Patas Merak):2017/3/10【2017/3インドネシア】

 

2017/8/16:Commuter Line:Angke → Manggarai

アンケ(Angke)から営団6000系のボゴール行きに乗り、マンガライ(Manggarai)へ戻る。

この車両は、電光表示器は稼働していなかった。

マンガライで降りた。

マンガライのダンキンドーナツでおやつにする。

かつてセブンイレブンがあったところにはローソンが開店していた。パッケージに日本語が書かれている商品も多い。

マンガライにて。

 

【スポンサーリンク】

 

2017/8/16:Commuter Line:Manggarai → Manggabesar

ジャカルタコタ行きでマンガブサールへ戻る。

マンガブサール通りはちょうど屋台の準備中であった。

行きつけの足つぼマッサージの店に行き、2時間程度マッサージをしてもらう。

夕食は、2日前に入った屋台に行った。本日もエビがおすすめらしく、イカとエビで適当に料理をしてもらった。お値段はRp115,000也。結構な値段であったが、旨かった。

それぞれをアップで。

 

【スポンサーリンク】



-ジャカルタの通勤列車, 鉄道, インドネシアの鉄道, 記録, 2017/8インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.