鉄道 2020/2ヨーロッパ オランダの鉄道 駅弁・車内販売ほか 記録 ドイツの鉄道 国際列車

30,アムステルダムからハノーファーへ:IC147:1等車:2020/3/4【2020/2ヨーロッパ】

投稿日:2020年4月12日

【スポンサーリンク】



アムステルダムからは、13時発のIC147列車でドイツのハノーファーへ向かう。ICとは"Intercity(インターシティ)"の略で、都市間を結ぶ急行列車である。ドイツではICEの下位種別である。

 

2020/3/4:IC147:Amsterdam Centraal → Hannover Hbf

IC147列車は10a番線からの出発であった。

列車は出発7分前の12時53分にアムステルダム中央駅10a番線に入線した。

1等車は後ろの2両であった。ホームの端へ移動する。

1等車のうち1両は1等車と食堂車の合造車、最後尾は1等車のみの車両であった。

1等車の車内は6人掛けのコンパートメントで構成されていた。車内は空いており、終点のハノーファーまでコンパートを独占できた。

コンパートメント内部。

コンパートメントにはドアがあり、完全に個室となる。

 

車内誌が置かれていた。

後ろのページに、車両の紹介がある。この車両はIntercity 1である。

 

トイレ。

 

【スポンサーリンク】

 

定刻を少し遅れてアムステルダム中央駅を出発した。車内放送がある。どうやら、この列車、いつもはベルリン行きらしいが、本日は途中のハノーファーで運転を打ち切るらしい。アムステルダム中央駅の案内でもハノーファー行きとなっていたので、気がつかなかった。車内放送は、ドイツ語、英語、オランダ語の3カ国語であった。

まもなくオランダ鉄道の車掌が検札に来る。

車窓から。

13時23分、ヒルフェルスム(Hilversum)に停車する。

13時35分、アメルスフォールト(Amersfoort)に停車する。

隣の車両が食堂車であった。客はいない。客室乗務員がカウンターの奥で暇そうに携帯を見ていたが、こちらが来たのを見るとすぐに出てきた。メニューはなく、雰囲気からして温かい料理はなさそうであった。サンドイッチならあるだろうと思って聞いてみると、何種類か挙げてくれた。サラミのサンドイッチとコーヒーを購入した。6.9ユーロであった。コンパートメントに持ち帰る。

車窓から。

14時43分、アルメロー(Almelo)に停車する。

車窓から。

14時54分、ヘンゲロー(Hengelo)に停車する。

車窓から。

国境を越え、オランダからドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州に入る。

15時10分、バート・ベントハイム(Bad Bentheim)に到着した。この駅で20分近く停車した。機関車交換、乗務員交代が行われたようである。空調がいったん止まる。車内では警察官が巡回していた。

ホームに出ている客もいた。

 

【スポンサーリンク】

 

15時30分、バート・ベントハイムを出発した。すぐにドイツ鉄道の車掌が検札に来た。

15時38分、ライネ(Rheine)に停車する。

車窓から。

16時06分、オスナブリュック(Osnabrück Hbf.)に停車する。

車窓から。

16時28分、ビュンデ(Bünde (Westf.))に停車する。

車窓から。

16時35分、レーネ(Löhne (Westf.))で停車をする。この駅は停車駅ではない。いわゆる運転停車である。20分ほど停車して、16時55分に出発した。

車窓から。

17時07分、ミンデン(Minden (Westf))に停車した。

車窓から。

車を載せた列車を追い抜いた。

列車は、ノルトライン=ヴェストファーレン州からニーダーザクセン州に入る。

17時35分、ハノーファー到着の車内放送がある。車掌が乗り換え列車を案内する。

終点のハノーファー中央駅(Hannover Hbf)には17時42分に到着した。

 

隣のホームにも同型のICが停車していた。18時発のアムステルダム行きであった。

 

【スポンサーリンク】

 

【IC(インターシティ)の乗車記録】

46,フランクフルトからハイデルベルクへ:IC2271:2012/3/3【2012/2ドイツ】

8,フランクフルトからベルリンへ:IC2355:2012/2/26【2012/2ドイツ】

 

【国際列車の乗車記録(EU域内)】

28,デュッセルドルフからアムステルダムへ:ICE220:1等車:2020/3/4【2020/2ヨーロッパ】

27,ウィーンからデュッセルドルフへ:ナイトジェット:NJ40490:2020/3/3【2020/2ヨーロッパ】

26,ショプロンからウィーナー・ノイシュタットへ:R7156:2020/3/3【2020/2ヨーロッパ】

25,ショプロンからドイチュクロイツへ:REX7640:2020/3/3【2020/2ヨーロッパ】

22,グラーツからセントゴットハールドへ:S3・R4712:2020/3/3【2020/2ヨーロッパ】

17,プラハからウィーンへ:レイルジェット:RJ373:1等ビジネスクラス:2020/3/2【2020/2ヨーロッパ】

15,ドレスデンからプラハへ:EC379:1等車:2020/3/2【2020/2ヨーロッパ】

40,コペンハーゲンからバーゼルへ:シティナイトラインCNL473「オーロラ」 (1):2012/3/1【2012/2ドイツ】

35,ハンブルクからコペンハーゲンへ:ICE33(渡り鳥コース):2012/3/1【2012/2ドイツ】

 

【国際列車の乗車記録】

24,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(1)ハルビン駅:2012/3/31【2012/3中国・ロシア】

13,シアトルからバンクーバーへ:アムトラック・カスケーズ(Amtrak Cascades)510列車(1):2011/8/14【2011/8アメリカ合衆国】

28,ワカバルからシンガポールへ:Ekspres Sinaran Timur:2010/8/17【2010/8シンガポール・マレーシア】

12,シンガポールからスレンバンへ:Ekspres Sinaran Selatan:1等車:2010/8/14【2010/8シンガポール・マレーシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, 2020/2ヨーロッパ, オランダの鉄道, 駅弁・車内販売ほか, 記録, ドイツの鉄道, 国際列車

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.