鉄道 コロンビアの鉄道 記録 2014/9コロンビア

16,メデジン:メデジンメトロ(3):メトロA線:2014/9/16【2014/9コロンビア】

投稿日:2019年8月23日

【スポンサーリンク】



2014/9/16:Metro:Linea A:Acevedo → Niquia

メトロカブレに乗車した後、メトロA線の一方の終点まで行ってみる。Niquiaという場所である。

車窓から。

Niquia駅は降車ホームと乗車ホームが分かれていた。到着列車は客を全員降ろした後に駅の奥に一旦引き上げる。その後に乗車ホームに入線する。

Niquia駅前にはバスターミナルがあり、小型のバスが次々に到着しては人を乗せて出ていった。

Niquia駅付近。

売店でアイスを買って食べる。

 

【スポンサーリンク】


 

駅の横にはショッピングモールがあった。こちらにも行ってみる。スーパーマーケットの他に、フードコート、各種専門店、映画館、屋内遊園地などが入っており、充実している。

ここのフードコートで夕食にする。食欲があまりなかったので、フランクフルトを注文した。トッピングはセルフサービスだったので、ケチャップだけで食べる。ソーセージが日本でよく食べるものとは違い、パリッ、ジュワッという食感ではなかった。

ショッピングセンターから見たメトロ。右の建物にはスポーツジムが入っていて、ガラス越しに運動している人が見えた。

 

2014/9/16:Metro:Linea A:Niquia → San Antonio

2014/9/16:Metro:Linea B:San Antonio → Estadio

夕食を食べた後はホテルに戻る。NiquiaからA線でサン・アントニオ(San Antonio)まで行く。外はもう暗く、スラムの街灯が良い雰囲気を出していた。Acevedoに到着したとき、もう一度メトロカブレでSanto Domingoまで往復しようかと思ったが、メトロカブレの列がA線のホームにまで及んでいるのを見て、待ち時間が長くなりそうだと思い、諦めた。

サン・アントニオでB線に乗り換えてエスタジオ(Estadio)へ向かう。

エスタジオ駅にて。

 

駅前の通りを歩いていたら、ジュースを売っている売店が目に入った。にぎわっているので、行ってみる。メニューを見せられてもよく分からないので、写真にあった紫色のジュースを指さす。アイスかヨーグルトかと聞かれたので、ヨーグルトと答える。Mサイズは準備できないらしく、Lサイズを購入した。値段は7,000ペソ也。ホテルに持ち帰って飲む。飲むヨーグルト・ブルーベリー味といったところだろうか。美味しかった。

 

【スポンサーリンク】


 

【2014年9月のメデジンメトロの乗車記録】

13,メデジン:メデジンメトロ(1):2014/9/16【2014/9コロンビア】

15,メデジン:メデジンメトロ(2):メトロカブレK線・L線:2014/9/16【2014/9コロンビア】

16,メデジン:メデジンメトロ(3):メトロA線:2014/9/16【2014/9コロンビア】

21,メデジン:メデジンメトロ(4):メトロカブレJ線:2014/9/18【2014/9コロンビア】

24,メデジン:メデジンメトロ(5):メトロA線:2014/9/18【2014/9コロンビア】

26,メデジン:メデジンメトロ(6):メトロA線・B線:2014/9/18【2014/9コロンビア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, コロンビアの鉄道, 記録, 2014/9コロンビア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.