鉄道 コロンビアの鉄道 記録 2014/9コロンビア

26,メデジン:メデジンメトロ(6):メトロA線・B線:2014/9/18【2014/9コロンビア】

投稿日:2019年8月25日

【スポンサーリンク】



夕方、せっかくなのでもう一度サン・ハビエル(San Javier)のメトロカブレに乗ろうかと思い、17時半頃にホテルを出る。雨が降り、雷が鳴っている。

2014/9/18:Metro:Linea B:Estadio→ Sam Javier

エスタジオ(Estadio)駅に行くと、メトロカブレK線とL線がどうたらこうたらとスペイン語で書いた掲示板が出ている。状況からすると、雷による運転見合わせとかその類だろう。

それを確認するために、サン・ハビエルまでB線で行く。

ゴンドラが動いているのが見えたので復旧したのかと思ったが、乗っている客を降ろすために動かしていただけのようで、まもなく全部のゴンドラから人が下りたことが確認できたのか、停止した。

駅構内は、当初はそこまでの混雑を見せてなかったが、次第に混雑してきた。

列車が到着すると、運行停止中のメトロカブレの方への列が鉄道線のホーム上まで伸び、相当な人だかりとなった。

雷も相変わらず鳴っている。

 

2014/9/18:Metro:Linea B/A:Sam Javier → Niquia

メトロカブレは諦めるが、このままホテルに戻るのも面白くない。ふとB線のホームを確認すると、サン・アントニオ(San Antonio)行きの列車が停車しているにもかかわらず、その反対側のホームで待っている人がいる。何を待っているのだろうか。暇なので、待ってみることにする。サン・アントニオ行きが数列車続けて出発した後、人が待っているホームに、A線のNiquia行きの列車が入線する。これは面白そうである。サン・アントニオ駅では、その構造上B線からA線へ乗り入れることはできない。どこかで連絡線を通らなければならないはずである。早速乗車する。始発駅だから、座ることができる。

列車は、B線をサン・アントニオ方向へ進むにつれて乗客でいっぱいになる。車内放送では、時折、「San Antonio」がなんたらこうたらと言っている。サン・アントニオには行きませんとでも言っているのだろう。

エスタジオ(Estadio)の次のスラメリカナ(Suramericana)を出ると、徐行して左側に転線し、さらに高架線を降り始める。もう外は暗く、車窓はよく分からぬが、低速で道路沿いの線路を進む。たぶん単線である。

証拠写真程度であるが、一応撮影はした。

しばらく進むと、赤信号が見えているのか、止まりそうな速度になる。突如速度が出て、ポイントを何回か渡ると、北バスターミナル直結のカリベ(Caribe)駅に到着してドアが開く。

たしかに、地図を見ると、スラメリカナ駅とカリベ駅との間に、A線とB線の連絡線がある。ここを使って車両をやりくりしており、ラッシュ時間帯にはここを営業線としても使っているということなのだろう。

もっとも、A線は6両なのに対し、B線は3両編成である。この列車も3両である。終点のNiquiaまで行ったらどうなるのか。回送で戻るのか、営業で戻るのか。気になったので、終点まで乗る。

Niquiaにて。

駅構内に薬局が入っていた。

 

2014/9/18:Metro:Linea A/B:Niquia → Estadio

Niquiaでは、A線のLa Estrella行きの列車が頻発している一方で、ホームでそれに乗らずに待っている客がいる。ということは、B線直通の列車があるのだろう。

案の定、5本ほどLa Estrella行きの列車が出発した後で、サン・ハビエル行きの列車が到着した。先ほどの車両と同じである。混雑具合は、行きと比べて遙かに空いている。

Acevedo駅はメトロカブレK線の乗換駅である。こちらのメトロカブレも運転見合わせ中なのか、A線のホームの端まで列が伸びていた。

カリベ駅から徐行で連絡線を走り、B線のスラメリカナに停車する。

エスタジオ(Estadio)で降りる。雨は上がっていた。行きに見たメトロカブレの掲示板がなかったので、運転を再開したのだろう。今から乗りに行くのも億劫なので、乗らない。

 

エスタジオ(Estadio)まで戻ってきたが、すぐにはホテルに戻らず、昨日も行ったホテル近くのJumboというショッピングセンターに行く。

Jumbo。

駐車場には車が多く止まっていた。

ここのスーパーでおみやげを物色する。コロンビア100%などと書かれたコーヒーを数袋と、コロンビア産とおぼしきお菓子をいくつか買った。

VISAのマークがあったので、クレジットカードが使えるのかと聞くと、パスポートの提示を求められる。ヘボン式の弊害で、クレジットカードとパスポートでは名前のスペルが異なるのだが、気づかれなかったのか、或いは問題がなかったのか、カードで支払うことができた。

ここにはフードコートがある。しかし、空腹感があまりなく、食指が沸くものもなかったので、パン屋でケーキとパンを買ってホテルに戻り、それを夕食にした。

 

【2014/9コロンビア】

25,メデジン:プラド駅・ベリオ公園付近:2014/9/18【2014/9コロンビア】

26,メデジン:メデジンメトロ(6):メトロA線・B線:2014/9/18【2014/9コロンビア】【←本記事】

27,メデジン市内からメデジン空港へ:空港バス:2014/9/19【2014/9コロンビア】

 

【スポンサーリンク】


 

【2014年9月のメデジンメトロの乗車記録】

13,メデジン:メデジンメトロ(1):2014/9/16【2014/9コロンビア】

15,メデジン:メデジンメトロ(2):メトロカブレK線・L線:2014/9/16【2014/9コロンビア】

16,メデジン:メデジンメトロ(3):メトロA線:2014/9/16【2014/9コロンビア】

21,メデジン:メデジンメトロ(4):メトロカブレJ線:2014/9/18【2014/9コロンビア】

24,メデジン:メデジンメトロ(5):メトロA線:2014/9/18【2014/9コロンビア】

26,メデジン:メデジンメトロ(6):メトロA線・B線:2014/9/18【2014/9コロンビア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, コロンビアの鉄道, 記録, 2014/9コロンビア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.