鉄道 ジャワ島の鉄道 インドネシアの鉄道 記録 2019/2インドネシア

13,ローカル・バンドン・ラヤ(Local Bandung Raya):2019/2/3【2019/2インドネシア】

投稿日:2019年10月6日

【スポンサーリンク】



エル・カバナホテルに着いたのは18時30分であった。まだ夜は早い。バンドン近郊では夜遅くまで列車が走っているので、ちょっと乗ろうかと思う。

バンドン駅までは徒歩5分程度、未舗装の道を歩いていく。

2019/2/3:Local Bandung Raya:376:Bandung→Kiaracondong

バンドン近郊の列車はローカル・バンドン・ラヤ(Local Bandung Raya)と言い、基本的にはパダラランとCicalengkaの間を走っている。列車によっては、プルワカルタまで足を伸ばしたり、あるいは反対にCibatuまで足を伸ばすものもある。

19時18分発のCicalengka行きの列車に乗ることにする。とりあえずキアラチョンドン(Kiaracondong)まで購入する。キアラチョンドンは、バンドン第2の駅で、主にEkonomi主体の長距離列車のバンドンの拠点駅である。キアラチョンドンまではRp5,000也。

ホームに入ると、スラバヤ行きの夜行列車トゥランガ(Turangga)が停車している。

まもなく、パダラランからのCicalengka行きが到着する。全車Ekonomiで、1960年代の車両を8両連ねている。

乗車券には座席番号は書かれていない。自由席である。適当な車両から乗車する。

車内は、長距離のEkonomiと同じで、6人掛けと4人掛けのボックスで構成されている。列車は比較的空いている。

キアラチョンドンには19時30分に到着する。ここでこの列車は19時54分まで停車する。キアラチョンドン駅であるが、ホームはやはり立派である。しかし、予想外に改札の付近が小さな作りである。他にメインの改札口があるのか分からぬが、これで人を捌ききれるのかと思う。

 

【スポンサーリンク】

 

2019/2/3:Local Bandung Raya:376:Kiaracondong→Cimekar

さて、すぐにバンドンへ折り返す列車はない。むしろ、先ほどの列車でもう一駅先のCimekarまで行くと、ちょうど都合良くバンドン方向への折り返し列車がある。そこまで行くことにする。乗車券を購入する。Rp5,000也。

キアラチョンドン駅ホームにて。

先ほどの列車に再び乗る。

19時54分にキアラチョンドンを出発し、20時03分にCimekarに到着する。

Cimekar駅駅舎。

駅前に続く一本道は暗く、両側に民家がある。

 

2019/2/3:Local Bandung Raya:359:Cimekar→ Bandung

20時16分のプルワカルタ行きでバンドンへ戻る。乗車券を購入する。Rp7,000也。

Cimekar駅にて。

バンドン方面プルワカルタ行きの列車が入線する。

車内。空いており、乗客は思い思いの姿勢で寛いでいる。

バンドンには20時43分に到着した。

 

【スポンサーリンク】

 

いったんホテルに戻り、ベッドに倒れると、気がついたら23時であった。まだ夕食を食べていない。慌てて外に出る。ホテルの脇の通りにはまだ開いている屋台も多い。サテーの屋台があったので、ここに入る。

鶏肉のサテーを5本、山羊のサテーを5本とご飯を注文する。値段はRp20,000程度だったか。

その後、コンビニに行き、デザートや飲み物を購入しホテルに戻る。

 

【過去のバンドン近郊列車の乗車記録】

35,パダラランからバンドンへ:KRD Ekonomi 930列車:2011/9/19【2011/9インドネシア】

34,バンドンからパダラランへ:KRD PATAS 787列車:2011/9/19【2011/9インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, ジャワ島の鉄道, インドネシアの鉄道, 記録, 2019/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.