飛行機 記録 ウィングス・エア【インドネシア】 2019/2インドネシア

11,スマランからバンドンへ:ウイングス・エア1897便:2019/2/3【2019/2インドネシア】

投稿日:2019年10月5日

【スポンサーリンク】



ホテルで荷物を引き取り、14時、タクシーでスマラン空港へ向かう。

最近、スマラン空港に新しいターミナルが開業した。以前のターミナルと滑走路を挟んで反対側に、新しい建物が建てられたようである。そのため、空港までのタクシーの経路も、以前とはまったく異なるものであった。Rp50,000也。トランススマランでも行けるようだが、いまいちよく分からない。

スマラン、アフマド・ヤニ国際空港カーブサイド。

ウイングス・エアの窓口で、16時05分発ウイングス・エア1897便バンドン行きの搭乗手続きを済ませる。荷物は預けなくてもいいと言われたが、せっかく荷物の料金を支払っているので、預ける。いまいち分からなかったのが、搭乗した際、私の持っている程度のスーツケースを機内持ち込みにしている人も多かった。この航空会社、荷物については割と無頓着なのだろうか。これでは払い損である。

保安検査を済ませると、食堂やら売店やらが並んでいる区画がある。一方で、まだテナントが入っていない部分も多い。以前のターミナルと比べてかなり広い作りとなっている。

搭乗口の上の階には、"Concordia"という名のラウンジがある。こちら、入場料がRp150,000とのことで、今まで経験したインドネシアの空港のラウンジと比較してやや高めの設定であるように思われる。今回は入らなかった。

食堂で昼飯とする。Nasi SotoとSateを注文する。Sateは、鶏肉の内臓と貝とをそれぞれ1本ずつ注文する。美味しく食べる。Rp59,000也。

さらにその後、Roti'oでチョコバナナのペストリーを購入する。

搭乗待合室で出発を待つ。

 

(スマラン空港旧ターミナルビルについては下記過去記事参照)

14,スマランからジャカルタ(ハリム)へ:シティリンク121便:2016/9/18【2016/9インドネシア】

18,スマランからジャカルタへ:ガルーダ・インドネシア航空245便:2015/2/25【2015/2インドネシア】

 

【スポンサーリンク】

 

2019/2/3:ウイングス・エア1897便(IW1897):スマラン→バンドン:ATR-72-600(PK-WGH)

16時05分発バンドン行きは、搭乗時刻の15時35分、さらに出発時刻の16時05分を過ぎても何ら放送はなく、16時20分になって3A搭乗口から搭乗開始となった。

搭乗券。

機材はATR-72-600型機である。飛行機までは徒歩で向かう。

座席は後方窓側の19Fである。ATR-72型機は前方に貨物室がある関係からか搭乗口は後方にあり、座席は搭乗口からすぐのところであった。

安全のしおり。

機内誌とお祈りのしおり。ウイングス・エアはライオンエアのグループであるが、機内誌は独自のものを用意している。

機内は暑い。これは離陸後も変わらなかった。頭上の空調からは風が出ているが、風量が乏しかった。

ほぼ満席となり、16時30分に出発する。自走ではなく、トーイングカーでプッシュバックを行い、そこでプロペラを始動させて滑走路に向かう。滑走路手前でしばらく停止して、着陸機を待つ。

ライオン・エアが着陸した後、離陸する。

ウイングス・エアの場合、座席に機内販売の雑誌がないことからも推察されるとおり、機内サービスは有料・無料を問わず一切行わないスタンスのようである。離陸後、客室乗務員は後ろのギャレーにおり、客の前に出てくることはなかった。作業なのか世間話なのかは分からぬが、話し声が聞こえる。

17時25分頃、シートベルトサインが点灯する。

17時40分、バンドン・フセインサストラネガラ空港に到着した。25分遅れであった。

徒歩でターミナルへ移動する。

荷物はすぐに出てきた。ターンテーブルにはモニターがあり、係員が荷物を載せる様子が映し出されている。

バンドン空港。

 

このバンドン空港、空港内に乗り入れているタクシーを使うと高額である。営業許可は得ているものと思われ、いわゆるぼったくりタクシーとは違うのであろうが、バンドン駅までRp150,000ほどかかる。前回はよく知らずにこのタクシーを利用した。下記過去記事参照。

13,パダンからバンドンへ:エクスプレスエア738便:2018/8/15【2018/8インドネシア】

 

今回は、空港からの一本道を5,6分ほど歩き、一般道に出たところで待機しているブルーバードタクシーに乗車した。

ジャカルタもそうであるが、どうも最近のブルーバードタクシーの運転手は場所を知らぬ者が多い。このタクシーも途中でホテルを探して右往左往し、最後はこちらが指示をした。それでも駅近くのホテルまではRp40,000であった。

 

【スポンサーリンク】

 

【ウイングス・エアの過去の搭乗記録】

24,ジョグジャカルタからスラバヤへ:ウイングス・エア1812便:2014/2/24【2014/2インドネシア】

【スポンサーリンク】



-飛行機, 記録, ウィングス・エア【インドネシア】, 2019/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.