日本のバス 仙台~首都圏 バス 記録 2019その他

東京から仙台へ:東北急行バス「ニュースター号」:2019/5/13

投稿日:2019年10月20日

【スポンサーリンク】



2019年5月13日月曜日。所用で東京に行った帰り、久々に東北急行バスのニュースター号を利用して仙台へ戻った。発車オーライネットから4,000円で予約していた。

2019/5/13:東北急行バス:ニュースター号:東京駅八重洲通り→仙台駅前

17時発のニュースター号仙台行きは、16時50分に東京駅八重洲通りに到着した。

モバイルチケットによれば座席は7Bを指定されていたが、8Cに座るよう言われる。客が多くなかったため、すべての客が窓側に座ることができるよう調整してくれていたようであった。

座席は3列独立シートである。また、縦10列であるから、シートピッチも広い。車内中央部にはトイレが設置されている。座席には足置き、レッグレストも完備されており、座り心地は良い。毛布が各座席に置かれている。

また、Wi-Fiのサービスが提供されていた。一度の接続で30分、1日に6回まで接続可能というタイプであった。東京から仙台まで5時間かかるから、全ての区間通して使用するということはできないようである。

17時に東京駅を出発する。テープによる案内の後に、運転手から休憩場所の案内がある。本日は羽生PAと安達太良SAで休憩とのことであった。

宝町ランプから首都高速に入る。箱崎付近はやや渋滞していたが、6号向島線に入ると流れはスムーズになる。両国、浅草と進む。

東北道に入り、18時00分、羽生PAに到着する。ここで15分休憩となる。

乗車したバス。「足立230あ914」。東北急行オリジナルの塗装ではなく、東武グループの塗装であった。

隣には、16時30分にバスタ新宿を出たJRバス東北の仙台・新宿号が停車をしている。あちらは東京都内でも仙台市内でも一般道区間が長いため、所要時間も東北急行バスと比較して長い。

18時15分に羽生PAを出発する。

20時13分、安達太良SAに到着する。20時30分まで休憩となる。食堂もあるサービスエリアだが、15分ではやや厳しい感じもする。

酪農カフェオレを購入する。福島のコーヒー牛乳である。仙台でも買うことはできるが、なんとなく購入した。

20時30分、安達太良SAを出発する。

21時40分,仙台宮城ICで東北自動車道を下りる。

21時53分、仙台駅前に到着した。定刻が22時07分であるから、14分の早着であった。バスはこのまま仙台営業所まで行くが、仙台駅で降りた。

 

【スポンサーリンク】

 

【過去の東北急行バスの仙台~東京線乗車記録】

仙台から東京へ:東北急行バス「ニュースター号」:2016/8/31

仙台から東京へ:東北急行バス「ニュースター号」:2015/10/30

東京から仙台へ:東北急行バス「ニュースター号」:2013/2/12

2,仙台から東京へ:東北急行バス「ニュースター号」:2012/5/24【2012/5関東】

16,東京から仙台へ:東北急行バス「スイート号」:2011/10/16【2011/10関東】

14,東京から仙台へ:東北急行バス「ニュースター号」:2010/5/23【2010/5関東】

2,仙台から東京へ:東北急行バス「スイート号」:2010/5/21【2010/5関東】

仙台から東京へ:東北急行バス「ニュースター号」:2009/10/24

仙台から東京へ:東北急行バス「スイート号」:2009/7/14

2,仙台から東京へ:東北急行バス「ニュースター号」:2008/7/7【2008/7九州】

 

【スポンサーリンク】



-日本のバス, 仙台~首都圏, バス, 記録, 2019その他

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.