日本のバス 仙台~首都圏 バス 記録 2010/5関東

2,仙台から東京へ:東北急行バス「スイート号」:2010/5/21【2010/5関東】

投稿日:2019年6月21日

【スポンサーリンク】



2010年5月21日金曜日。

23時過ぎに家を出て、東北急行バスの仙台営業所へ向かう。東北急行バスの仙台~東京線は、3列シートのバスと4列シートのバスがある。乗車券の購入は当日の夕方にしていたのだが、いずれも混んでいるとのことであったため、3列シートのスイート号の方を購入した。

実際、先発のニュースター号は2台での運行で、2台ともほぼ満席のようであった。夜行で満席の4列シートのバスはきついものがあるので、スイート号を選んで正解だった。

仙台営業所の1階部分にはファミリーマートがある。まだ夕食を食べていないので、そこでパンとおにぎりを買って食べる。もう少し時間があれば向かいの松屋に入るのだが、バスまで10分程度しかなかったので諦めた。

 

2010/5/21:東北急行バス:スイート号:仙台営業所→東京駅八重洲通り

23時50分頃にバスの改札が始まる。

乗車したバス。「足立230あ824」。

乗車券。学生割引が適用されて4,480円也。

ニュースター号が2台での運行にあるのに対し、こちらは1台での運行である。運転手に乗車券を渡し、学生証を提示して乗車する。

車内は3列独立シートである。ヘッドの部分が動くタイプで、頭の置き心地がよい。レッグレスト、足置きも備わっており、快適である。

定刻23時55分に仙台営業所を出発する。すぐに仙台駅22番乗り場に到着する。ここでも客を乗せる。7割程度の席が埋まる。

出発後、乗務員からのアナウンスがある。わりと詳しい案内で、福島飯坂ICで降りて福島駅を経由し、福島西ICから再び高速に乗り、安達太良PAで開放休憩する旨、東京駅には5時半頃に到着する旨が案内される。

西道路を経由して仙台宮城ICから東北自動車道に入る。

 

2010年5月22日土曜日。

座り心地の良い座席なので、快適であった。福島停車中に一度目が覚めたが、後はずっと寝ていた。

5時、まもなく東京駅に到着する旨のアナウンスが入る。5時05分、東京駅八重洲通り到着した。30分の早着であった。これもいつものことである。

バスを降りると、すぐそばに、なか卯がある。

「とん汁定食290円」の表示が出ていたので、中に入る。とん汁定食には、豚汁とご飯の他に生卵と漬け物もついており、これで290円はわりとお得だと思った。

 

【スポンサーリンク】

 

【過去の東北急行バスの仙台~東京線乗車記録】

仙台から東京へ:東北急行バス「ニュースター号」:2009/10/24

仙台から東京へ:東北急行バス「スイート号」:2009/7/14

2,仙台から東京へ:東北急行バス「ニュースター号」:2008/7/7【2008/7九州】

 

【スポンサーリンク】



-日本のバス, 仙台~首都圏, バス, 記録, 2010/5関東

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.