日本のバス 2020/2ヨーロッパ バス 記録

39,成田空港から東京駅へ:ジェイアールバス関東「エアポートバス東京・成田」:2020/3/6【2020/2ヨーロッパ】

投稿日:2020年4月21日

【スポンサーリンク】



ソウルからのアシアナ航空107便は20時44分に成田空港に到着した。検疫、入国審査、税関検査を済ませ、到着ロビーには20時55分に着いた。

成田空港から東京駅へは、「エアポートバス東京・成田」を使うことにした。このバスは、かつての「東京シャトル」、「有楽町シャトル」、「THEアクセス成田」とが統合してできた路線である。1日往復284便の運行で、空港連絡バスとしても高速バスとしても日本で一番運行本数が多い路線であるという。ジェイアールバス関東、ビィー・トランセグループ(平和交通、あすか交通、西岬観光)、京成グループ(京成バス、成田空港交通、京成バスシステム、京成トランジットバス)の3グループ8社が共同で運行をしている。

成田空港では、「ローコストバス乗車券/LCB」と書かれたカウンターで乗車券を購入する必要がある。次のバスをと告げると、21時05分発のバスを提示された。料金は1,000円であった。クレジットカードで購入した。

乗車券。

 

2020/3/5:ジェイアールバス関東:エアポートバス東京・成田:成田空港第1ターミナル31番 → 東京駅八重洲口

成田空港第1ターミナルの31番乗り場でバスを待つ。時間までに数人が列に並んだ。

21時05分発の東京駅行きは、JRバス関東による運行であった。車内後部にトイレがある車両であった。

荷物は係員がトランクに入れてくれた。引換券が渡された。

第3ターミナルが始発のようで、既に半数以上の座席が埋まっていた。もっとも、グループ客も多く、2人掛けがそのまま空席のところもあった。若者のグループが多かったように思う。

第1ターミナルからの客は少なく、私の隣には誰も来ないまま、定刻21時05分に第1ターミナルを出発した。

第1ターミナルを出ると、新空港自動車道に入り、成田JCTから東関東自動車道を進む。高谷JCTで首都高速湾岸線、辰巳JCTで9号深川線、箱崎JCTで6号向島線、江戸橋JCTで都心環状線に入り、宝町で高速を降りる。

シートピッチはそこまで広くはない。

東京駅八重洲口の降車場には22時03分に到着した。

バス停にはポーターが待機しており、バスが到着するとトランクから荷物を下ろしてくれた。

乗車したバス。「成田200か924」。

東京駅は信号を渡ってすぐであった。

 

【スポンサーリンク】

 

【前身のTHEアクセス成田の乗車記録】

20,東京駅から成田空港へ:平和交通「THE アクセス成田」:2015/2/26【2015/2インドネシア】

3,東京駅から成田空港へ:あすか交通「THEアクセス成田」:2014/2/18【2014/2インドネシア】

 

【成田空港アクセスバスの乗車記録】

2,仙台から成田空港へ:成田空港交通「ポーラスター号」:2012/2/24【2012/2ドイツ】

成田空港から羽田空港へ:東京空港交通:2011/4/6

羽田空港から成田空港へ:東京空港交通:2011/4/2

3,福島から成田空港へ:千葉交通「福島・郡山~成田空港線」:2010/3/5【2010/3台湾】

 

【ジェイアールバス関東のバスの乗車記録】

5,茂木から宇都宮へ:ジェイアールバス関東「水都西線」:2012/5/25【2012/5関東】

2,盛岡から東京へ:ジェイアールバス関東「らくちん4号」:2007/5/13【2007/5甲信越】

7,つくばから東京へ:ジェイアールバス関東「つくば号」:2005/11/26【2005/11関東】

 

<【2020/2ヨーロッパ】・完>

 

【スポンサーリンク】



-日本のバス, 2020/2ヨーロッパ, バス, 記録

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.