飛行機 ユナイテッド航空【アメリカ合衆国】 記録 2014/12インドネシア

25,シンガポールから成田へ:ユナイテッド航空804便:2014/12/27【2014/12インドネシア】

投稿日:2019年8月27日

【スポンサーリンク】



2014年12月27日土曜日。シンガポールを7時00分に出るユナイテッド航空804便で帰国する。

ゲイランのホテルを4時40分に出て、タクシーでチャンギ空港へ向かう。チャンギ空港のターミナル3には5時頃に到着した。

ユナイテッド航空804便の搭乗手続きを済ませる。成田を経て仙台までの搭乗券が渡される。

SATSプレミアラウンジのインビテーションも渡される。

出国審査を受けて、制限エリアに入る。

 

【スポンサーリンク】

 

2014/12/27:チャンギ空港:ターミナル3:SATSプレミアラウンジ(SATS Premier Lounge)

SATSプレミアラウンジへ向かう。

落ち着いた内装でよい。時間が時間だからか、客も少なかった。

ホットミールも用意されている。

軽くつまむ。

 

【スポンサーリンク】

 

2014/12/27:ユナイテッド航空804便(UA804):シンガポール→成田:B777-200ER(N784UA)

搭乗券によれば、ユナイテッド航空804便成田行きは6時15分に搭乗開始となる。6時20分頃に搭乗口へと向かう。チャンギ空港は搭乗口ごとに保安検査をする。保安検査は上級会員用レーンがある。といっても、どちらも似たような長さであった。

保安検査を過ぎるともう搭乗が開始されていた。

機材は行きと同じB777-200ER型(N784UA)であった。

座席は真ん中の列の通路側であった。隣は空席であった。

ユナイテッド航空の客室乗務員は、日系の航空会社と違い髪型の規則は緩い感じである。日本人の乗務員も見た限り2名ほどいたが、1人が、全日空にいそうな髪型だったので、逆に目立っていた。

離陸後、朝食サービスがある。キャロットケーキとオムレツの選択であった。キャロットケーキを頼む。ここでのキャロットは。英語ではなくて広東語である。シンガポール料理の一つで、大根餅の料理である。

その後は3時間ほど寝る。口を開けて寝ていたのか、起きたらのどが痛い。ギャレーで水をもらう。

時計の針を1時間進めて、日本時間にする。

13時30分頃、サンドイッチとドリンクのサービスがある。

まもなく成田空港に到着である。

成田空港に到着したのは、定刻より20分程早い14時20分であった。33番搭乗口に到着した。

 

【スポンサーリンク】

 

【シンガポール発成田便の過去の搭乗記録】

64,シンガポールから成田へ:シンガポール航空638便:2012/3/6【2012/2ドイツ】

44,シンガポールから成田へ:ユナイテッド航空804便:2011/9/22【2011/9インドネシア】

33,シンガポールから成田へ:ユナイテッド航空804便:2011/4/26【2011/4インドネシア】

38,シンガポールから成田へ:ユナイテッド航空804便:2010/8/19【2010/8シンガポール・マレーシア】

 

【スポンサーリンク】



-飛行機, ユナイテッド航空【アメリカ合衆国】, 記録, 2014/12インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.