日本のバス バス 記録 2019/7インドネシア

2,仙台駅から仙台空港へ:仙台バス「エアポートリムジンバス」:2019/7/31【2019/7インドネシア】

投稿日:2019年10月28日

【スポンサーリンク】



2019年7月31日水曜日。この日は仙台からソウルを経由してジャカルタまで向かう。ソウル行きのアシアナ航空は仙台空港を13時に出る。これにあわせて空港に向かうことになるが、今回は鉄道ではなくてバスで空港に向かうことにした。

仙台駅から仙台空港への移動手段として仙台空港アクセス鉄道が開業したのは、2007年3月のことである。この鉄道が開業したことによって、それまで空港リムジンバスを運行していた仙台市交通局がその運行から撤退したが、それと入れ替わる形で、愛子観光と東日本急行が空港リムジンバスの運行を開始した。しかし、愛子観光は2008年2月に、東日本急行も2009年1月で運行終了となった。いずれの会社も、仙台市内では仙台駅だけでなく市内の主要箇所にも停車する運行形態であり、列車との棲み分けを図ろうとしたものと思われるが、採算がとれなかったのだろう。

それから10年の間、仙台市内と仙台空港とを結ぶバスは運行されていなかったのであるが、2018年、タケヤ交通が、秋保温泉と仙台空港を仙台駅経由で結ぶバスの運行を開始した。このバスには、仙台駅と仙台空港の間の乗車も可能であった。本数は1日5往復だっただろうか。料金も、2019年10月現在では運賃は660円となっているが、運行当初は1,000円近くだったと記憶している。

次いで、2019年3月、仙台バスが仙台駅と仙台空港を結ぶリムジンバスの運行を開始した。料金は650円(2019年10月より660円)で、鉄道と同じ料金設定である。しかし、仙台空港発が1日4便、仙台駅発が1日3便のみであり、使いやすい設定とはいえない。知名度も高いとは言えず、私自身も、乗車直前に仙台空港のWEBページでその存在を知った。

今回は仙台バスを使ってみることにした。10時40分に仙台駅を出発するエアポートリムジンバスに乗れば、11時28分に仙台空港に到着する。

 

2019/7/31:仙台バス:エアポートリムジンバス:仙台駅前→仙台空港

仙台駅前での仙台バスのバス停は、旧さくら野デパート前の31番乗り場であった。東日本急行とバス停を共有している。

出発5分前に現れたバスを見て驚いた。三菱ふそうのエアロキングであった。2階建てバスである。そもそも仙台バスがこの車両を所有していたことすら知らなかった。2階建てバスでの運行ということも、十分に宣伝材料になりそうである。

料金は前払いであった。運転士に手渡しで支払う。1階の座席は荷物室として使用しているようで、2階に案内される。座席は自由席とのことで、1番前の席に座る。私の前にもう1人客がいたが、乗り慣れているのか、後ろの方に座っていた。

車内は夜行バスで定番の3列独立のシートであった。かつてはどこか別の会社で夜行バスとして使われていたのだろう。

2階後方から前方を撮影。

2階前方から後方を撮影。

2階前方。

座席であるが、リクライニングは深く倒れる。足置きも、1列目の座席では省略されていたが、2列目以降の座席には備わっていた。

車内ではWi-Fiの使用が可能である。

最前部には緊急用の電話がある。

車内から見たバス停。

 

【スポンサーリンク】


 

10時40分、定刻で仙台駅前を出発した。結局、客は私を含めて2名だけであった。

仙台駅前のバスプールは工事中である。

バスは長町の方へ進む。

広瀬橋。日本最初の鉄筋コンクリート橋跡とのこと。

11時02分、仙台南部道路の長町ICから高速に入る。

仙台若林JCTから仙台東部道路に入る。

11時14分、仙台空港ICで高速を降りる。高速料金は1,240円であった。

一般道を仙台空港へ向かう。

11時25分、仙台空港に到着した。3分の早着であった。

乗車したバス。「宮城230あ40」。

開業から4ヶ月経っているにもかかわらず、また、仙台空港鉄道が慢性的に混雑しているにもかかわらず、この便の乗車人数が2人というのは、相当に寂しい感じである。まだまだ知名度不足なのだろう。また、仙台側での乗車箇所が仙台駅だけであるという点も、利用者のニーズ、列車との棲み分けという点で改善点がありそうな気がする。せっかく良い車両で運行しているのに、もったいない感のあるエアポートリムジンバスであった。

 

【スポンサーリンク】


 

【仙台空港のバスアクセスに関する過去記事】

2,仙台から岩沼経由で仙台空港へ:岩沼市民バス「空港線」:2016/2/3【2016/2インドネシア】

【2階建てバスの過去の乗車記録】

7,つくばから東京へ:ジェイアールバス関東「つくば号」:2005/11/26【2005/11関東】

 

【スポンサーリンク】



-日本のバス, バス, 記録, 2019/7インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.