インドネシアのホテル ホテル 記録 2013/3インドネシア

10,スラバヤ:ホテル88(Hotel 88):2013/3/20【2013/3インドネシア】

投稿日:2019年8月11日

【スポンサーリンク】



スラバヤ・ジュアンダ空港を出ると、もう14時30分を過ぎていた。タクシーでスラバヤ市内のホテル88まで移動する。15時30分頃に到着した。

2013/3/20-23: ホテル88(Hotel88)

スラバヤでは、今年開業したばかりのホテル88に宿泊した。エクスペディアで予約をしていた。このホテルに3泊する。

チェックインをしたところ、部屋の準備に少し時間がかかるといわれ、ロビーで待たされる。ロビーにはコーヒーと紅茶のサーバーが置かれ、宿泊客は無料で飲むことができる。スタッフがコーヒーを用意してくれながら、そのことを教えてくれる。

10分ほどで部屋の準備ができたとのことで、鍵をもらう。

部屋は内部屋で窓がなかった。先日予約したとき、部屋のタイプが2種類あり、安い方で予約したのだが、安い方には窓がないということなのだろうか。

部屋は日本のビジネスホテルのような狭さであるが、これで十分である。今風の、機能的な部屋であった。

テレビは、パナソニックの薄型液晶であったが、リモコンにさわってすらいないのに突然つくことがあって、若干不気味であった。

ただ、それ以外は、部屋も明るく、ベッドの寝心地もよく、快適であった。

ミネラルウォーターは、1日につきペットボトル2本サービスされた。

ロビーでコーヒーと紅茶のサービスがあるためか、部屋にはポットやインスタントコーヒーは置かれていなかった。

なお、冷蔵庫はない。

バスルーム。

アメニティ。

ホテル前にはブルーバードタクシーが常時停車しているので、移動の便もよい。近隣にはスラバヤプラザもあり、食事等に困ることはない。

ホテル外観(夜に撮影)。

 

私は、このホテルを朝食込みで予約していた。朝食についてもあわせてここで記す。2階と3階の廊下部分が朝食会場となっており、そこで朝飯を食べる。

朝食券。

レパートリーは少ないながらも、ナシゴレンやミーゴレン、パン、その他おかずが揃っており、朝飯としては十分であった。

2泊目。

3泊目。

 

【2013/3インドネシア】

9,バタムからスラバヤへ:シティリンク920便:2013/3/20【2013/3インドネシア】

10,スラバヤ:ホテル88(Hotel 88):2013/3/20【2013/3インドネシア】【←本記事】

11,スラバヤ初日:2013/3/20【2013/3インドネシア】

 

【スラバヤのその他のホテルの宿泊記録】

38,スラバヤ:ファミリーゲストハウス(Family Guest House):2011/9/20【2011/9インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-インドネシアのホテル, ホテル, 記録, 2013/3インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.