街めぐり 記録 ロシアの街めぐり 2012/3中国・ロシア

29,ハバロフスク:ムラヴィヨフ・アムールスキー通り:2012/4/2【2012/3中国・ロシア】

投稿日:2019年7月28日

【スポンサーリンク】



朝食を食べていないので、お腹が空いている。11時半頃にロビーに降りて、フロントでパスポートを返してもらう。パスポートには紙片が挟まっていた。滞在証明の紙だろうか。

その後両替をする。50米ドルが1,350ルーブルになる。

ホテルから右に向かい、突き当たりを左に曲がってしばらく行くと、コムソモール広場である。日本のガイドブックでは大聖堂広場、教会広場と書かれている。英語が通じるホテルのフロントスタッフは「コムソモールスクエア」と言っていた。10年前にここで観光バスを降りて観光しているはずだが、この教会が記憶に残っていない。それから後に建てられたのか。

ホテルから大聖堂広場へ。

大聖堂広場。

ハバロフスクは坂が多い。

簡単に昼飯を食べられる場所がないかと探しながら歩いていると、大聖堂広場からレーニン広場方向へ2ブロックほど歩いたところだったろうか、デパートの地下の入口にハンバーガーの電飾が見つかる。行ってみると、ファーストフード店であった。店内、メニュー共に、マクドナルドやケンタッキーなどと全く同じである。ハンバーガーとポテトを注文した。あわせて125ルーブル、日本円で400円程度だろう。味だが、マクドナルドで食べたことがあるような味であった。

その後レーニン広場まで、ムラヴィヨフ・アムールスキー通りを歩く。ムラヴィヨフ・アムールスキーとは、19世紀に極東政策で活躍したロシア帝国の政治家、外交官である。

通りにはヨーロッパ風の建物が並んでいる。大聖堂広場からレーニン広場に至るこの通りはハバロフスクの目抜き通りのようで、平日ながら人も多く賑わっていた。

 

【ハバロフスク観光の記録】

28,ハバロフスク:ホテルインツーリスト(Hotel Intourist):2012/4/2【2012/3中国・ロシア】

29,ハバロフスク:ムラヴィヨフ・アムールスキー通り:2012/4/2【2012/3中国・ロシア】

32,ハバロフスク:エヌカーシティ:2012/4/2【2012/3中国・ロシア】

34,ハバロフスク:栄光広場ほか:2012/4/3【2012/3中国・ロシア】

35,ハバロフスク:中央市場:2012/4/3【2012/3中国・ロシア】

36,ハバロフスク2日目の午後:2012/4/3【2012/3中国・ロシア】

37,ハバロフスク:アムール川:2012/4/3【2012/3中国・ロシア】

39,ハバロフスク:中央市場ほか:2012/4/4【2012/3中国・ロシア】

 

【スポンサーリンク】



-街めぐり, 記録, ロシアの街めぐり, 2012/3中国・ロシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.