鉄道 記録 中国の鉄道 ロシアの鉄道 夜行列車 国際列車 2012/3中国・ロシア

25,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(4)グロデコボ駅:2012/4/1【2012/3中国・ロシア】

投稿日:2019年7月28日

【スポンサーリンク】



前から続く

13時40分、グロデコボ(Grodekovo)に到着する。車掌が降りるように言う。降車時、ドアのところで車掌が隣室のおばさんと私に何かを言う。例のごとく、私にはさっぱり分からない。ただ、車掌はおばさんに「この子を頼む」とでも告げてくれたようで、一緒に行くことになる。

このおばさん、荷物が非常に多い。しかも重い。私は軽いスーツケースと肩掛け鞄、そしてペットボトルやらカップ麺が入ったビニール袋だけである。必然的に手伝うことになる。

駅にはホームがなく、列車から降りるのも大変であった。

ハバロフスク行きは2人だけだったが、綏芬河からの中国車両にはそこそこ客が乗っていた。ロシア人が大半だったように見えるが、中国人もいた。当然のことながら、ロシア人と中国人は容姿が全く異なる。国が異なるとは言え、ほんのわずかな距離の移動でこれだけ容姿が変わるというのは、やはり違和感を感じる。

駅舎の入口に行く。係官がいて、ドアの前でしばらく待たされる。ドアが開けられた後、おばさんが女性係官に何かを言う。係官に先導され、他のロシア人客の前に連れて行かれ、優先的に入国審査に案内される。ハバロフスク行きは優先扱いのようであった。

入国審査では特に何も聞かれることがなかったが、チェックは長かった。2分程度立っていただろう。ビザのチェックでもしていたのだろうか、端末を叩いて色々と確認しているようである。こちらは暇なので審査官のお姉さんのチェックをする。つけまつげが似合っていない。しなければ美人なのにと思う。

その後、税関検査となる。荷物検査は、トランクとバックを開封してざっと眺めるだけであった。所持金を聞かれたり、内容物を細かくチェックされたりということはなかった。また、税関申告書も必要なかった。

 

税関を終え、係官の先導で2階の待合室に上がる。座席数はそこそこあるが、人は誰もいない。係官がおばさんに何かを言う。たぶん、乗車時刻を言ったのだろう、その後、おばさんが時計を見せつつ私に説明する。「4時間後」、「6時30分」に列車に乗るということが何となく分かった。このおばさんがいなければ何も分からず、入国審査は終えられたとしても、その後右往左往していたことであろう。

どうやら、本日の哈爾浜発の列車に乗っているのは、そのおばさんと私の2人だけらしい。ウラジオストク行きは無人のようであった。

この無人の待合室に荷物を置いた後、おばさんに連れられて駅の外に出る。

グロデコボ駅。

グロデコボの駅前、見事に田舎である。駅前には商店が2軒。バス停はない。中国の客車には大勢のロシア人が乗っていたが、彼らはどこに行ったのだろうか。

駅前に停車中のトラック。

おばさんが、身振り手振りで「何か食べるか」と言う。頷くと、向かいの商店に連れて行かれる。

個人商店であったが、色々とある。カップ麺などもあるが、よく分からない。おばさんがチョコレートと飲み物を買う。そして私にくれる。お金を受け取ってくれない。ここまで親切にされると申し訳なくなる。

(後で撮影したチョコレートの包装)

待合室に戻り、チョコレートを食べる。これがなかなか旨かった。おばさんと話す。指さし会話帳を使って、自己紹介をしたり、なぜここにいるのかを説明したりする。なかなか大変だが、何とか意思疎通らしきものはとることができる。おばさんはカムチャッカ出身、ハバロフスク在住とのことであった。モスクワにも5年ほどいたらしい。カムチャッカは寒波がひどく、雪も多いとのことであった。

 

1時間ほどすると、話も持たなくなってきた。

もう一度、今度は1人でマーケットに行く。パンのようなドーナツのような物がある。それを買う。両替ついでである。1000ルーブルを出して、細かいお金をもらう。

パンだと思ったが、パンではなかった。歯が折れるのではというくらい固かった。外側はとても固い。囓ると、ほんのりと甘かった。一体私は何を買ったのだろうか。

駅の待合室で本を読んだり、居眠りをしたりして時間を潰す。駅のすぐ近くに、線路をまたぐ歩道橋があり、その歩道橋からは駅構内を見渡すことができる。あいにくその歩道橋に気がついたのが結構遅くなってからで、列車の出発時刻が近くなっていたので、行かなかった。

駅の掲示。日本の新幹線が使われている。

地元の子どもが書いたと思われる絵も飾られていた。

2階待合室から見たグロデコボ駅構内。

駅で見た機関車。

 

【スポンサーリンク】


 

【ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車乗車記録】

22,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(1)ハルビン駅:2012/3/31【2012/3中国・ロシア】

23,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(2)ハルビン~綏芬河:2012/3/31【2012/3中国・ロシア】

24,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(3)綏芬河~グロデコボ:2012/4/1【2012/3中国・ロシア】

25,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(4)グロデコボ駅:2012/4/1【2012/3中国・ロシア】【←本記事】

26,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(5)グロデコボ~ウスリースク:2012/4/1【2012/3中国・ロシア】

27,ハルビンからハバロフスクへ:中露国際列車(6)ウスリースク~ハバロフスク:2012/4/1【2012/3中国・ロシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, 記録, 中国の鉄道, ロシアの鉄道, 夜行列車, 国際列車, 2012/3中国・ロシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.