鉄道 オーストラリアの鉄道 記録 2013/2オーストラリア

14,アデレードからアウターハーバーへ:アデレード・メトロ:2013/2/21【2013/2オーストラリア】

投稿日:2019年8月10日

【スポンサーリンク】



2013/2/21:Adelaide Metro:Adelaide → Outer Harbour

アデレード駅から、まず、アウターハーバー(Outer Harbour)に行く列車に乗車する。アウターハーバーへ行く列車は、昼間は毎時2本運行され、アデレード発は13分と43分である。10時43分の列車に乗車する。

車両は2両編成のディーゼルカーであった。

日本の車両とは違い、車内間の通り抜けはできない。海外の通勤列車では時々見られる形態である。

ドアは半自動で、乗るときはドア横の押しボタンを押す。日本でよく見られる車両と違うのは、車内側に「閉じる」のボタンがないことである。適当な時間がたつとドアは勝手に閉まる。

車内は、3+2のクロスシートである。客室内の半分の座席は、進行方向と逆を向いている。

優先席。

前面展望が可能な席もある。

自転車を置くことのできるスペースがある。

電光表示機(帰りの列車で撮影)。              

ドア付近。

車内にある乗車券券売機。

刻印機。1日券利用の場合も、乗車の度に通す必要がある。

列車は、定刻にアデレード駅を出発した。乗客は少ない。2両目には10人程度しか乗っていない。乗客の雰囲気は日本のローカル線のそれと似ているが、客層はそれよりは幅広く、若者も多い。

車窓から。

アデレードから離れるにつれて、徐々に乗客は減っていく。ポートアデレード(Port Adelaide)で大半の客が降りる。終点のアウターハーバーまで乗ったのは3人だけであった。

終点のアウターハーバーには11時23分に到着した。

アウターハーバー駅は無人駅であった。

周りには旅客船の乗船場と思しき建物があるだけで、他には何もない、寂しいところだった。

 

2013/2/21:Adelaide Metro:Outer Harbour → Port Adelaide

アデレードから乗ってきた列車は、アウターハーバーで7分の停車の後、11時30分にアデレードへ折り返す。

帰りは1両目の一番前の席に座り、前の風景を眺めていた。

途中のポートアデレードで降りる。11時49分に到着した。

 

【2013/2オーストラリア】(目次

13,アデレード駅:2013/2/21【2013/2オーストラリア】

14,アデレードからアウターハーバーへ:アデレード・メトロ:2013/2/21【2013/2オーストラリア】【←本記事】

15,アデレード:国立鉄道博物館(National Railway Museum):2013/2/21【2013/2オーストラリア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, オーストラリアの鉄道, 記録, 2013/2オーストラリア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.