インドネシアのホテル ホテル 記録 2014/2インドネシア

18,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2014/2/22【2014/2インドネシア】

投稿日:2019年8月17日

【スポンサーリンク】



テガールからのカリグン・マス(Kaligung Mas)は、15時04分にスマランのポンチョル駅(Stasiun Semarang Poncol)に到着した。

曇り空で、雨は降っていない。ただ、直前までは雨が降っていたようで、駅前には水たまりができている。

2014/2/22-24:ホテルオリンピック(Hotel Olympic)

ポンチョル駅を背に右側に3分ほど進むと、本日の宿であるオリンピックホテルがある。外見からして安宿の感がある。事前にAgodaで1,985円の部屋を予約していた。

フロントスタッフは男女2人で、感じがよい。もっとも、インドネシアで感じの悪いフロント係に当たったことはない。

部屋は209号室であった。

部屋は小さく、ベッドの他にテレビ、テーブル、椅子しかない。ベッドには掛け布団がない。何もかけずに寝ろということらしい。気になって他の空いている部屋を覗いてみたが、どの部屋もそのようであった。暑いところなので、エアコンを弱くするか切るかすれば、それでも十分しのげる。

トイレ、シャワー、洗面台。

アメニティは石けんとミネラルウォーター2本のみ。歯ブラシはない。

Wifiは部屋では繋がらず、ロビーに行けば繋がる。

鍵。

とりあえず今までにたまった洗濯物をまとめてフロントに預ける。明日の夜に洗濯が完了するとのこと。この点は念を押す。

 

このホテルは朝食が込みなので、ここであわせて紹介する。2階にレストランがあり、ここで食べることになる。

朝食券。

1泊目。汁入りご飯を提供してくれた。量は少なく、3分もあれば食べられてしまう程度である。味はよかったが、物足りない。

2泊目。メニューはナシゴレンであった。ハート型のナシゴレンの上に目玉焼きがのっている。

レストランからの眺め。

 

【2014/2インドネシア】

17,テガールからスマランへ:カリグン・マス(Kaligung Mas):2014/2/22【2014/2インドネシア】

18,スマラン:ホテルオリンピック(Hotel Olympic):2014/2/22【2014/2インドネシア】【←本記事】

19,スマラン初日の夜:2014/2/22【2014/2インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-インドネシアのホテル, ホテル, 記録, 2014/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.