鉄道 アメリカ合衆国の鉄道 アメリカ合衆国のバス バス 記録 2014/9コロンビア

5,ロサンゼルス空港からユニオン駅へ:メトロ・グリーンライン:2014/9/14【2014/9コロンビア】

投稿日:2019年8月20日

【スポンサーリンク】



ソウルからのアシアナ航空204便は15時過ぎにロサンゼルス空港に到着した。入国審査を終えて到着ロビーに出たのは16時半であった。割とスムーズに進んだように感じたが、それでも到着してから1時間半経過していた。

ここから乗り継ぐアビアンカ航空のサンサルバドル行きは1時25分発の出発である。アビアンカのWEBページによれば、4時間前に空港でチェックインをすれば良いらしい。まだ5時間ほど時間がある。空港の中で時間をつぶすのも何なので、とりあえずユニオン駅にでも行ってみようかと思う。

ロサンゼルス空港からユニオン駅へはFLYAWAYと呼ばれるリムジンバスに乗れば1時間弱で到着するが、これは8ドルかかる。一方で、メトロを乗り継いでいけば時間はそれよりもかかるが安くいける。時間はあるので、メトロで行くことにした。

 

2014/9/14:LAX Shuttle:G Line:LAX → Aviation/LAX Station

まず、LAXシャトル(LAX Shuttle)乗り場へ行き、シャトルG線に乗車する。LAXシャトルは、空港内を循環し、または空港とバスターミナル、駐車場等を結ぶバスで、運賃は無料である。G線は、メトロ・グリーンライン(Green Line)のAviation/LAX駅へ行くバスである。10分ほどで駅に到着する。

このバスはLAXシティバスセンター行きであるが、この種のバスが来る。

 

【スポンサーリンク】


 

2014/9/14:Los Angeles Metro:Green Line:Aviation/LAX → Harbor Freeway

駅の券売機で、メトロの1日乗車券を購入する。券売機の操作には一瞬戸惑うものの、ボタンを押して取り消してというのを数回繰り返して、1日乗車券の画面に行き着いた。1日乗車券自体は5ドルらしいが、TAPカードと呼ばれるスイカのようなICカードを併せて購入する必要があり、このカード代として1ドル取られるので、計6ドルである。このカードを持っていると、以後乗車券を購入する際にはカードを買う必要はない。なお、1日乗車券が6ドルで済むのはこの日までで、翌15日からは7ドルに値上げされた。券売機はクレジットカード利用可能だったので、カードで支払う。

改札機にカードをタッチして通る。思えば、以前来たときは改札機がなかった。

ホームに上がり、ノーウォーク(Norwalk)行きの列車を待つ。

列車は10分間隔くらいでの運行だろうか、気分的に結構待った後、2両1編成を2編成つなげた4両編成の列車が到着した。小柄なので、乗車定員はさほどではないだろう。それでも、その程度で良さそうな乗車率であった。この列車で、ハーバーフリーウェイ(Harbor Freeway)まで行く。

車内。(後ほど別列車にて撮影)

自転車も持ち込み可能のようである。

次駅表示案内。(Hawthorne/Lennox駅到着時に撮影)

ハーバーフリーウェイで降りた。

 

2014/9/14:Los Angeles Metro:Silver Line:Harbor Freeway Green Line Station → Union Station

ハーバーフリーウェイで、メトロ・シルバーライン(Silver Line)に乗り換える。これは列車ではなくてバスであるが、列車内の路線図にも記載されている路線である。フリーウェイ経由の速達バスということもあってか、他のバスとは違う扱いになっているようである。列車を降りて表示通りに階段を下りると、"Harbor Freeway Green Line Station"というバス停がある。

10分ほど待つとEl Monte Bus Station行きのバスが来る。後で時刻表を確認したが、たぶん17時35分発のバスであろう(時刻表は、メトロのWEBページで手に入る)。バスには"A Faster way to Downtown. METRO SILVER LINE"と書かれているので、この路線専用の車両であろう。

前乗りで、TAPカードを端末にタッチして乗車する。ちなみに、降りる際は後ろのドアから降りることになっているようだが、これは厳密には守られておらず、前のドアから降りる客も多かった。

フリーウェイを走行するので、バスはかなりの速度を出す。ただ、舗装が良くないのか、ガタガタという振動が続き、乗り心地は悪い。ダウンタウンの近くでハーバーフリーウェイを降り、そのあとはダウンタウン内で客を乗降させる。ユニオン駅(Union Station)で降りる。グリーンラインの駅から30分程度である。使い勝手がよい。

バス停とユニオン駅とは少し離れている。バス停からユニオン駅へ行くのは迷わないだろうが、その逆は初めてだと迷うかもしれない。ユニオン駅から見ると、バス停は、駅の正面玄関を出て前の大通りを左側に歩き、最初の交差点を半分ほど渡ったところにある。

 

【スポンサーリンク】


 

ユニオン駅に向かう。南国感があふれる駅舎である。

数年前と比べて、駅構内に浮浪者が多くなったような気がする。ソファーのあるスペースには仕切りができており、その入り口にはアムトラックかメトロリンクの乗車券の所持者以外立ち入るべからずと書かれていた。そして、それ以外のスペースからは椅子が撤去されていた。浮浪者対策であろうが、観光客にとってもつらい。トイレも汚かった。

咽が渇いたので、駅構内のFamima!!というコンビニに入る。甘い物が飲みたかったのだが、品揃えが日本と違い、しばし迷う。結局、飲み慣れたスプライトを購入。2.22ドル也。ペットボトルのサイズは500mlよりも大きく、中途半端なサイズに感じたが、20オンスとのこと。単位をmlにすると591mlらしい。

 

【ロサンゼルス空港とユニオン駅を結ぶ高速バスFLYAWAYの記録】

34,ロサンゼルス空港からユニオン駅へ:FLYAWAY:2011/8/18【2011/8アメリカ合衆国】

 

【その他のロサンゼルス・メトロ(鉄道)の乗車記録】

37,ロサンゼルス:メトロ・ブルーライン:2011/8/19【2011/8アメリカ合衆国】

36,ロサンゼルス:メトロ・ゴールドライン:2011/8/19【2011/8アメリカ合衆国】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, アメリカ合衆国の鉄道, アメリカ合衆国のバス, バス, 記録, 2014/9コロンビア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.