飛行機 ユナイテッド航空【アメリカ合衆国】 記録 2010/9台湾

39,台北から成田へ:ユナイテッド航空838便:2010/9/12【2010/9台湾】

投稿日:2019年7月6日

【スポンサーリンク】



2010年9月12日日曜日。本日は10時発の成田行きの飛行機で帰国する。10時発の飛行機に乗るためには、8時頃には空港に着いていたい。そうすると、7時前にはホテルを出る必要がある。

6時15分に起床する。昨晩頼んでおいたモーニングコールがなり、その後、フロントスタッフから、起きているかとの連絡が日本語であった。このホテルは、二度寝対策まできちんとしているところがありがたい。

昨晩買っておいたおにぎりを食べ、フロントで同行者と合流し、チェックアウトをする。

昌華飯店の前で、空港行きのバスを待つ。バスを待っている間に、何人かのタクシー運転手から声をかけられたが、あまりしつこくはない。

 

2010/9/12:大有巴士:昌華飯店→桃園機場第二航廈

10分ほど待つと、大有巴士の桃園機場行きが到着する。空港までは1人90元也。林森北路、民権西路を通り、高速に乗る。このバスは通勤便なので、途中で高速を降り、南嵌を経由する。1時間程度で空港に到着した。

 

自動チェックイン機で、ユナイテッド航空838便成田行きのチェックインを済ませる。定刻出発であることを確認して、出国審査場を越え、搭乗口へ向かう。

本日の搭乗口はD5であった。搭乗口に行くと、チャイナエアラインの関西行きがちょうど出発するところであった。ボーイング747-400での運行である。

チャイナエアラインの関西便が出ると、すぐにユナイテッド航空838便成田行きが入る。

隣のスポットを見ると、日本航空のボーイング737-800が駐機していた。東京便か関西便だろうが、小さくなってしまったなと感じる。2007年3月に日本アジア航空(2008年に日本航空に吸収合併)の成田-台北便と台北-関西便に乗ったときは、ジャンボでの運行であった。大きければよいというわけではないが、なんとなく寂しい。

 

【スポンサーリンク】

 

2010/9/12:ユナイテッド航空838便(UA838):台北→成田:B747-400(N182UA)

ユナイテッド航空838便成田経由サンフランシスコ行きは、9時30分頃から搭乗が開始となった。

座席は34B。エコノミークラスの中では前の方である。今回も、ほぼ満席であった。

9時45分頃にドアクローズとなり、9時50分に動き出す。定刻10分前の出発である。10時過ぎに、あっさりと離陸する。

水平飛行になると、前方のスクリーンで映画が上映され、機内食と飲み物が配られる。機内食は、前回と同じ焼きそばであった。唯一違うのは、パイナップルケーキのメーカーであった。

食後の紅茶を飲みながら、映画を見てまったりしていると、もう成田である。あっという間である。

台湾と日本との間には時差が1時間ある。時計の針を1時間進める。

13時40分頃にB滑走路に着陸し、着陸後20分かけて第1ターミナルの搭乗口に到着した。

飛行機を降り、急ぎ足で入国審査、税関へと進み、到着ロビーへ向かった。

 

【過去のユナイテッド航空838便搭乗記録】

41,台北から成田へ:ユナイテッド航空838便:2010/3/13【2010/3台湾】

 

【スポンサーリンク】



-飛行機, ユナイテッド航空【アメリカ合衆国】, 記録, 2010/9台湾

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.