日本のバス 仙台~首都圏 バス 記録 2010/9台湾

40,東京から仙台へ:日本中央バス「ミリオンライナー」:2010/9/12【2010/9台湾】

投稿日:2019年7月6日

【スポンサーリンク】



台北からのユナイテッド航空は、14時に成田空港に到着した。

とりあえず京成の改札口まで行く。都内に出るには、スカイアクセス線経由のアクセス特急と、本線経由の特急がある。同行者の意向を聞き、アクセス特急に乗ることにする。

2010/9/12:京成電鉄成田空港線:アクセス特急:成田空港→京成高砂

14時29分発のアクセス特急羽田空港行きに乗車する。さて、東京まで出てからどうやって仙台に帰るかであるが、東京駅まで行けば、東北急行バスのニュースター号が仙台駅まで3000円で便を出している。東京駅を17時に出るので、十分間に合う。

アクセス特急は、成田空港を出発し、空港第2ビルを出ると、新根古屋信号所で6分ほど停車する。単線区間があるためこのようになるのは仕方がないが、何とかならなかったのかと思う。新根古屋信号所を出ると、成田湯川に停車する。ここでも4分停車する。

この停車時間を使い、ホームで東北急行に予約の電話を入れるが、もう満席であるとのことであった。それであれば、次の手は武蔵浦和から出る日本中央バスの仙台行きである。こちらは、この期間は期間限定で3500円(平日は2500円)で仙台までバスを出している。ただ、電話をかける時間はなかった。

成田湯川を出てから、ようやく特急らしい走りになる。ただ、新車であるため、楽にスピードを出すことができるようで、あまりスピード感は感じられない。

武蔵浦和に出るのであれば、東松戸で降りて武蔵野線に乗り換えるのが一番早い。ただ、時間はあるので、東松戸では降りず、日暮里経由で行くことにする。

京成高砂で降りる。15時21分に到着した。

 

2010/9/12:京成電鉄本線:普通:京成高砂→日暮里

京成高砂からは、向かいのホームに入線した15時22分発普通京成上野行きが終点まで先行するとのことなので、それに乗車した。

途中の千住大橋で、スカイライナーの通過待ちのため4分ほど停車する。その時間を使って日本中央バスに電話するが、こちらは15時30分で電話予約を打ち切ったとの回答であった。ただ、残席数を聞いてみると、予約無しでも大丈夫そうであったので、武蔵浦和に向かうことにする。

 

2010/9/12:JR京浜東北線:普通:日暮里→赤羽

2010/9/12:JR埼京線:普通:赤羽→武蔵浦和

日暮里で京成を降り、京浜東北線で赤羽、埼京線に乗り換えて武蔵浦和へ向かった。駅の立ち食いそばでそばを食い、近くの本屋で時間を潰した。

 

【スポンサーリンク】

 

2010/9/12:日本中央バス:ミリオンライナー:武蔵浦和駅入口→仙台駅東口

日本中央バスのミリオンライナー仙台行きは、板橋始発で、武蔵浦和駅は17時25分に出発する。17時15分頃にバス停に行く。時間が近づくにつれて、ぱらぱらと5人ほど集まってくる。

バスは、武蔵浦和駅入口バス停に8分ほど遅れて17時33分に到着した。運転手が出てきて、まず予約済みの客を乗せてから、予約無しの客に切符を販売する。といっても、運転手に3500円(期間限定運賃)を払うだけである。

車内は空いていて自由席とのこと。1人で2席使っても問題ない程度の乗車率であった。座席間隔は東北急行よりも狭い。後部にトイレがついている。

バスは、武蔵浦和を出ると、埼玉りそな銀行本店前で客を乗せることになっているが、ここからの乗車はなかった。次のさいたま新都心駅ではまとまった乗車があるが、それでも空いている。

さいたま新都心駅を出ると、約30分かけて細い道を岩槻ICまで走り、ここから東北自動車道に乗る。18時56分、館林ICで高速を降り、10分遅れの19時に館林バスセンターに到着した。1人の客を乗せる。再び、館林ICから高速へ入る。

19時40分、大谷PAに到着した。ここで15分ほど休憩となり、19時55分に出発した。

2度目の休憩は吾妻PAで、21時35分に到着し、21時50分まで休憩となる。

22時40分に仙台宮城ICで高速を降り、西道路、広瀬通を経て、仙台駅東口へ向かう。高速で遅れを挽回し、仙台駅東口には22時56分に到着した。

 

仙台は土砂降りであった。駅東口の吉野家で夕食を食べ、タクシーで帰宅した。

 

【過去の日本中央バスの高速バス乗車記録】

さいたま新都心から仙台へ:日本中央バス「ミリオンライナー」:2009/10/26

3,仙台から高崎へ:日本中央バス「仙台ライナー」:2006/12/1【2006/12信越】

 

<【2010/9台湾】:完>

 

【スポンサーリンク】



-日本のバス, 仙台~首都圏, バス, 記録, 2010/9台湾

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.