日本の鉄道 鉄道 JR東日本 私鉄(東) 記録 2009/6山形

3,臨時快速「風っこ花回廊1号」:JR米坂線・山形鉄道フラワー長井線:2009/6/7【2009/6山形】

投稿日:2019年6月1日

【スポンサーリンク】



2009/6/7:JR米坂線・山形鉄道フラワー長井線:臨時快速「風っこ花回廊1号」:米沢→長井

米沢からは、11時37分発の臨時快速「風っこ花回廊1号」長井行きに乗車する。この列車は、米沢から米坂線を今泉まで行き、今泉から山形鉄道に入り長井まで行く列車である。米坂線と山形鉄道を直通する定期列車は存在せず、そういった意味で面白い列車であった。

窓の部分もおしゃれな感じである。

ドア。

車内。

ストーブだろうか。この時期は当然使われていない。

トイレは車いす対応に改造されていた。

 

指定席券。全車指定席なのはJR米坂線の今泉までなので、指定券も今泉までである。

 

ホーム上では、米沢市の観光協会とかその関係の人だろうか、横断幕を持って乗車客を歓迎してくれていた。

リンゴジュースが配られる。甘くて美味しい。

そばの種の袋とポケットティッシュも貰う。

日曜日であったが、乗客数は2両合わせて20人程度であり、空いていた。幼児連れが多い。鉄道好きと思しき人も一定数いる。

 

【スポンサーリンク】

 

定刻11時37分に米沢を出発した。駅員やキャラバン隊が手を振って見送ってくれる。

車窓から。

窓がないので、風がそのまま入ってくる。気持ちよいが少し寒い。

車掌は2人乗務であり、検札と同時に乗車証明書の配付が行われる。

羽前小松に停車する。キャラバン隊が乗り込んでくる。「かわにし紅大豆物語」というお菓子を配っている。紅色の小粒の豆だが、噛むと口の中に甘さが広がる。彼らはそのまま今泉まで乗り続けた。

今泉には12時16分に到着した。米坂線ホーム2番線に停車し、いったんドアを開く。

ここで山形鉄道の乗務員が2名乗り込む。JR米坂線の今泉駅ホームからそのまま長井へと向かうのではなく、一旦山形鉄道の今泉駅ホームに移動するという。12時17分、ドアを閉めて山形鉄道の2番線ホームへの転線を開始する。車内では、「揺れますのでお座りください」との放送が流れる。坂町方へ走り、進行方向を変えて山形鉄道のホームに入る。非常にスムーズである。山形鉄道の保線係が列車を見守っていた。

そもそもJR米坂線と山形鉄道フラワー長井線は、今泉駅の坂町・荒砥方で2kmほど単線の線路を共有している。妙な話に聞こえるが、山形鉄道フラワー長井線はかつてのJR長井線を引き継いだ鉄道会社であり、両線はもともとは同じ鉄道会社によって運行されていた。このように考えると納得も行く。

山形鉄道の2番線ホームに12時25分に到着した。

ここで9分停車した。

ホームでは、ここでも観光協会か商工会の関係者だろうか、お茶とナスの漬け物、酒ケーキが振る舞われた。歓迎ムードである。どれも美味しい。

赤湯行きの列車の到着を待つ。映画「スウィングガールズ」の特別塗装車であった。「スウィングガールズ」では、主人公等がフラワー長井線に乗車しているシーンもある。

 

【スポンサーリンク】

 

12時34分に今泉を発車した。ここからは全車自由席の扱いである。山形鉄道の車掌による検札が始まる。普段は運転士をしている人かも知れない。1000円の1日乗車券を購入する。

長井には12時47分に到着した。

長井では、あやめせんべいとパンフレットを貰った。

ホーム側から見た駅舎。

フラワー長井線長井駅。

長井駅前。

 

【スポンサーリンク】

 

【過去の観光列車の乗車記録】

3,一の渡から陸中川井へ:さんりくトレイン北山崎号:2007/8/4【2007/8岩手】

10,JR富良野線:富良野・美瑛ノロッコ6号:2006/7/30【2006/7北海道】

7,五所川原から秋田へ:快速リゾートしらかみ4号:2006/2/18【2006/2北東北】

6,津軽鉄道・ストーブ列車:2006/2/18【2006/2北東北】

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, 鉄道, JR東日本, 私鉄(東), 記録, 2009/6山形

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.