鉄道 オーストラリアの鉄道 記録 2013/2オーストラリア

25,メルボルンからシドニーへ:XPT (1):2013/2/23【2013/2オーストラリア】

投稿日:2019年8月10日

【スポンサーリンク】



2013年2月23日水曜日。この日は、メルボルンからシドニーまで、カントリーリンク社(Country Link)が運営する"XPT"(eXpress Passenger Train)と呼ばれる州際特急列車で移動する。昨日乗ったジ・オーバーランド(The Overland)号が観光列車としての位置づけであるのに対し、こちらは、現役の都市間特急である。メルボルン~シドニーは、毎日、昼行・夜行各1便が運行されている。

"XPT"の乗車券は、カントリーリンクの公式WEBから、WEB限定、キャンセル・変更不可という制約付きの割引乗車券を購入していた。クレジットカード手数料や燃料サーチャージなどの諸経費も込みで、AUS 69$であった。

7時45分にホテルをチェックアウトする。外は涼しい。20度くらいだろうか。半袖の上に長袖の上着を羽織る。

サザンクロス(Southern Cross)駅のハングリージャックスで朝食をとる。エッグマフィンとカプチーノで5.25ドル也。クレジットカードで支払う。ハッシュドポテトが中に入っていたが、店員が間違えたのか、それともセットなのかは分からない。

 

2013/2/23:Country Link:Southern XPT CLK624:Melbourne (Southern Cross Station) → Sydney (Central)

8時過ぎ、メルボルン駅1番線ホームへ行く。既にシドニー行きのXPTが入線している。

隣のホームからは、ちょうどジ・オーバーランド(The Overland)号がアデレードに向けて出発していくところであった。昨日見かけた車掌が、列車から顔を出して出発監視している。あちらも気がついたようで、手を振ってくれる。アデレード~メルボルン1往復が1勤務なのだろう。

また、別のホームからは、V/LINE(ヴィクトリア州の鉄道会社)の中・長距離列車と思しき列車も出発する。中央駅だけあって、なかなか忙しい。

さて、XPTであるが、先頭と最後尾は機関車で、客車が機関車にサンドイッチされた構成である。ヨーロッパ式というのだろうか。外観を見る限り、かなり古めかしさを感じさせる。

客車は、エコノミーとファーストからなる。夜行列車の場合は、さらに寝台車両も連結されるが、昼行のこの列車には連結されない。窓は、外側から見るに、何らかのコーティングがなされており、見る角度によっては金色に見える。紫外線とか暑さ対策であろうか。

列車の号車表示は番号ではなくアルファベットである。Eチケットで号車を確認し、早速乗車する。エコノミークラスの車両である。

座席も、やはり古めかしさを感じさせる。ただ、座り心地は普通のリクライニングシートで、悪くない。きちんとメンテナンスがされている。テーブルは大きめ。座席下にはフットレストが完備。シートピッチは日本の特急列車と同じくらいだろう。

座席背面。

フットレスト。

空調。

デッキには、日本の列車ではほとんど見かけなくなった冷水器が設置されている。

トイレ。

 

【2013/2オーストラリア】

24,メルボルンの夜:2013/2/22【2013/2オーストラリア】

25,メルボルンからシドニーへ:XPT (1):2013/2/23【2013/2オーストラリア】【←本記事】

26,メルボルンからシドニーへ:XPT (2):2013/2/23【2013/2オーストラリア】

27,メルボルンからシドニーへ:XPT (3):2013/2/23【2013/2オーストラリア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, オーストラリアの鉄道, 記録, 2013/2オーストラリア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.