ジャカルタの通勤列車 鉄道 インドネシアの鉄道 記録 2016/2インドネシア

23,ジャカルタの通勤列車(2):タンジュンプリオク線:2016/2/9【2016/2インドネシア】

投稿日:2019年9月1日

【スポンサーリンク】



2016/2/9:Commuter Line:Jakarta Kota → Tanjung Priok

タンジュンプリオク(Tanjung Priok)行きは9番線から出発する。

列車は、KFW I-9000系4両編成での運行であった。タンジュンプリオク線はまだ試行運転中という位置づけなのか、1日6往復で、定期利用はしづらい感じである。13時05分発のタンジュンプリオク行きも客は少なかった。

車内。

 

【スポンサーリンク】

 

定刻にドアが閉まり、出発する。定刻に動き出したことに感心したが、他の路線と独立しているため、他の路線の遅れに巻き込まれるということはない路線である。コタを出ると、右に電車区、その後左右にバラックの住宅街を見ながら、高架を上がる。

13時12分、カンブンバンダン(Kampung Bandan)の高架上のホームに停車する。降りる人も乗ってくる人もいる。

カンプンバンダンを出てからも、相変わらずスピードを出さずに、ゆっくりと走る。

アンチョール(Ancol)駅を通過する。客扱いのない駅ではあるが、駅員がホームで立っている。

車窓から。

タンジュンプリオクには13時35分に到着した。ホームはドーム形の屋根に覆われている。屋根がありながら、開放感に溢れるホームである。

改札口。

 

【スポンサーリンク】

 

折り返しのジャカルタコタ行きは14時05分なので、それまで、駅前を見たり、駅構内を見たりして時間を過ごす。駅自体の作りはコタ駅以上に堂々としているのだが、あまりにも寂しい感じである。かつては長距離列車も何本かあり、その発着時間帯くらいは賑わったのかも知れないが、今は日に6本、4両編成の(通勤には使えそうにない)通勤列車が来るだけである。

かつての長距離列車の発券窓口か。

通勤列車の発券窓口。

駅構内。

タンジュンプリオク駅で止められていた列車。

 

【スポンサーリンク】

 

2016/2/9:Commuter Line:Tanjung Priok → Kampung Bandan

折り返しのジャカルタコタ行きは14時05分に出発する。

車内清掃中。

14時05分、ジャカルタコタ行きは定刻に出発する。

なんとなくカンプンバンダンで下車する。

コタ行きの列車を見送る。

タンジュンプリオク線ホーム。

地上ホームへ向かう。

 

2016/2/9:Commuter Line:Kampung Bandan → Jakarta Kota

カンプンバンダンの地上ホームから、従来からあるジャカルタコタ=カンプンバンダンの区間便がちょうど出発するところであった。これに乗ってジャカルタコタに戻る。こちらの車両も、先ほどまでと同じくKFW I-9000系4両編成であった。

ジャカルタコタまでは5分弱で到着した。

 

【スポンサーリンク】



-ジャカルタの通勤列車, 鉄道, インドネシアの鉄道, 記録, 2016/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.