鉄道 ジャワ島の鉄道 インドネシアの鉄道 記録 2019/7インドネシア

18,スラバヤからワルヘ:コミューター(Komuter)277列車:2019/8/4【2019/7インドネシア】

投稿日:2019年11月22日

【スポンサーリンク】



2019年8月4日日曜日。この日は、昼間はスラバヤで過ごし、夜は夜行列車でジャカルタに向かう。

5時頃、外を見ると、ホテル前の通りでマラソンが行われていた。スラバヤマラソンの日であった。昼間は30度を超え、空気もよろしくないから、この時間に行われるのだろう。

 

喉が痛い。風邪気味である。薬を飲んでもう一眠りする。9時頃に起きて、朝食を食べる。

 

この日の昼間は何も予定を入れていない。昨日と同様、近郊列車に乗って時間をつぶそうと思う。以前にも2回ほど乗車しているが、スラバヤとポロン(Porong)を結ぶコミューターに乗ることにした。ちょうど良いのは、12時30分にスラバヤ・コタ(Surabaya Kota)を出発し、グブン駅を経てポロンへ向かう列車である。

11時過ぎにホテルをチェックアウトして、荷物を夜まで預ける。ホテル前はまだ交通規制がかかっており、タクシーに乗ることはできない。歩道橋で反対側に渡る。流しのブルーバードタクシーを捕まえ、「スラバヤ・コタ駅まで」と告げる。運転手は、「駅ならグブンかパサール・トゥリかだろ」と言う。たしかに、それはそれで正しい。コタ駅を出る列車は、すべてグブン駅に停車する。とはいえ、こちらはコタ駅から乗りたいので、コタ駅までと繰り返し告げたのだが、運転士が気を利かせたつもりなのか、あるいはそもそもコタ駅を知らないのか、主張を曲げないので、結局こちらが折れて、グブン駅へ向かってもらった。

タクシーは、グブン駅の長距離列車用の出発口に到着した。

近郊列車用の入り口は、線路を挟んで反対側である。駅の入り口でタクシーを降り、駅から少し離れたところにある陸橋を渡り、反対側へ向かった。

 

近郊列車用のスラバヤ・グブン駅入口。

 

2019/8/4:Komuter Supor:277:Surabaya Gubeng → Waru

次のポロン行きは12時40分発である。ポロンまではRp5,000であった。

コンビニで飲み物を購入する。最近お気に入りの清涼飲料。

改札口。

12時30分頃に改札口を通り、ホームに出る。ここから乗る客は多い。

 

ポロン行きは、12時35分にスラバヤ・グブン駅に到着した。4両編成の気動車であった。

車内はボックスシートで構成されていた。

定刻12時40分に出発する。自動ドアの音なのかエンジン音と関係あるのかは分からぬが、出発時、到着時にやたら甲高い音を上げる車両であった。

この列車は、グブンを出ると、次にNgagelに停車する。この駅は”Stasiun”ではなくて”Halte”である。厳密な違いは分からないが、”Halte”は”Stasiun”よりも格下の扱いなのだろう。先日のエコノミー・ローカル(Ekonomi Lokal)では停車しなかった。この列車は、”Halte”にも停車する。

13時06分にワル(Waru)に到着する。この駅はスラバヤにあるバスターミナルの1つであるプラバヤバスターミナル(Terminal Bus Purabaya)の近くにある。

まだこの駅で降りたことはない。ふと思い立って、この駅で降りた。

この列車の列車名は”Komuter Supor”というらしい。”Supor”という名称は、SurabayaとPorongの頭文字からとられたのだろうか。

 

ほとんど時を同じくして、マラン発のスラバヤ経由ジャカルタ行きジャヤカルタ・プレミアム(Jayakarta Premium)が出発していった。

 

ワル駅。街道沿いにある。

 

【スポンサーリンク】


 

【過去のスラバヤ近郊列車の乗車記録】

17,スラバヤからシドアルジョへ:エコノミー・ローカル(Ekonomi Lokal):2019/8/3【2019/7インドネシア】

10,シドアルジョからモジョケルトへ:ジェンガラ(Jenggala):2015/2/23【2015/2インドネシア】

29,シドアルジョからスラバヤへ:コミューター(Komuter)258列車:2014/2/25【2014/2インドネシア】

28,スラバヤからシドアルジョへ:コミューター(Komuter)257列車:2014/2/25【2014/2インドネシア】

20,ポロンからスラバヤへ:コミューター(Komuter)240列車:2013/3/22【2013/3インドネシア】

19,スラバヤからポロンへ:コミューター(Komuter)239列車:2013/3/22【2013/3インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, ジャワ島の鉄道, インドネシアの鉄道, 記録, 2019/7インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.