2021/3北海道 日本のバス バス 記録

11,函館駅から函館空港へ:函館帝産バス:2021/3/20【2021/3北海道】

投稿日:2021年4月11日

【スポンサーリンク】



函館駅から函館空港までは、函館帝産バスと函館バスがバスを運行している。函館帝産バスはいわゆる空港連絡バスで、飛行機の時刻にあわせて函館駅と空港とを結んでいる。それに対して、函館バスの96系統は、道中多くの停留所に停車する一般的な路線バスであり、1日7便の運行である。

私が本日使用している「はこだて旅するパスポート&フリーパス」では、函館バスもフリーエリアの対象となっている。当初は、函館駅を17時30分に出る函館バスの96系統函館空港行きに乗車しようと思っていた。ただ、七飯から乗車した「はこだてライナー」が20分も遅れたために、バスは出発済みである。そのため、函館帝産バスで函館空港へ向かうこととなった。

 

2021/3/20:函館帝産バス:シャトルバス:JR函館駅前→函館空港

函館空港行きのバスは、函館駅前バスターミナルの11番乗り場から出発する。津軽海峡フェリーターミナル行きも同じ乗り場からの出発である。函館空港までは約20分、運賃は450円である。

ANA558便に接続する空港行きのバスは、18時に函館駅前を出発する。本日の最終便である。

バスは、出発5分前の17時55分に11番乗り場に到着した。三菱ふそうのエアロバスである。

車内。

後方はシートピッチが広い。

函館駅から、私の他に3名ほど乗車した。ほとんど空席という状態で、定刻に函館駅を出発した。途中、大森町、競輪場前で乗車することができるらしいが、バス停には人がおらず、そのまま通過した。

18時13分に湯の川温泉に到着した。快速便であればここで降りることもできるらしいが、この便は乗車のみである。ここでは5名ほど乗車した。

終点の函館空港には18時20分に到着した。

乗車したバス。「函館200か895」。

 

【スポンサーリンク】


 

【北海道の空港連絡バスの乗車記録】

(新千歳空港)

3,新千歳空港から札幌へ:北海道中央バス「新千歳空港連絡バス 札幌都心系統」:2021/3/18【2021/3北海道】

16.真駒内から新千歳空港へ:北都交通:2018/8/28【2018/8北海道】

4,新千歳空港から札幌市内へ:北海道中央バス:2009/3/7【2009/3北海道】

(女満別空港)

4,女満別空港から知床・ウトロへ:網走バス「知床エアポートライナー」:2014/7/31【2014/7北海道】

(釧路空港)

13,釧路から釧路空港へ:阿寒バス「釧路空港連絡バス」:2018/8/28【2018/8北海道】

(根室中標津空港)

4,根室中標津空港から根室へ:根室交通「中標津空港連絡バス」:2018/8/26【2018/8北海道】

 

【スポンサーリンク】



-2021/3北海道, 日本のバス, バス, 記録

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.