ジャカルタの通勤列車 鉄道 インドネシアの鉄道 インドネシアの街めぐり 街めぐり 記録 2016/9インドネシア

17,ジャカルタの通勤列車(1):2016/9/19【2016/9インドネシア】

投稿日:2019年9月4日

【スポンサーリンク】



2016年9月19日月曜日。この日は深夜の飛行機で帰国する。

9時に起床する。このホテルの朝飯に期待ができないことは前回分かっているので、ロカサリのケンタッキーに行く。

Rp35,000の朝食セットを注文。以前よりもご飯の味が落ちたか。ご飯が固まっていて、美味しくない。

ネコ。

昼ご飯までだらだらと過ごし、ホテルをチェックアウトし荷物を預け、12時過ぎに三輪タクシーでオリモ(Olimo)へ向かう。2月に目を付けていたトランスジャカルタのマンガブサール停留所の向かいにあるスープ店に行く。(写真はトランスジャカルタのマンガブサール停留所から撮影)

入るとメニューを出してくれるが、中国語のそれも持ってきてくれた。ヤギのスープを注文する。Sop Kambing Campur。Rp71,000也。骨付き肉が豪快に入ったスープで、臭みはなく、美味しかった。ここはまた来よう。

 

【スポンサーリンク】

 

2016/9/18:Trans Jakarta:Koridor1:Manggabesar → Kota

昼食の後、マンガブサール停留所からトランスジャカルタでコタに向かう。

禁止事項。

痴漢禁止。

 

【スポンサーリンク】

 

2016/9/18:Commuter Line:Jakarta Kota→Kampun Bandan

コタ駅の自動券売機で、マルチトリップカードへのチャージをする。

ここからは全く無計画である。とりあえずコタを13時に出るタンジュンプリオク行きの電車に乗る。

列車は定刻に出発すると、右側に客車区、左側にスラム街を見ながら坂を上る。

左側。

右側。

まもなくカンプンバンダンに到着する。

タンジュンプリオクは前回行っており、今回は色々な車両に乗りたいので、この列車をカンプンバンダンで降りる。

タンジュンプリオク線のカンプンバンダン駅は2面2線であるが、改札口や乗り換えの通路はコタ行きホームにしかないようで、タンジュンプリオク行きのホームの階段は使えない。

駅員に反対側のコタ行きのホームへ渡るよう言われる。ホームの端から線路に降りて、反対側へ移動する。

ホームからコタの方を見る。

ホームからタンジュンプリオク方を見る。

 

【スポンサーリンク】

 

2016/9/18:Commuter Line:Kampung Bandan → Jatinegara

地平ホームを見ると、東京メトロからの05系で運行のジャティネガラ行きが到着するところであった。これに乗る。かつてこの車両に乗ったときはドアチャイムが生きていたが、この列車では鳴らなくなっていた。

ラジャワリ(Rajawali)でタンジュンプリオクからの線と合流する。

ジャティネガラ行き列車は、長距離列車の始発駅であるパサールスネンには停車しない。徐行でそのまま通過する。

左手に機関車区が見えると、終点のジャティネガラである。

13時45分にジャティネガラに到着した。

東京メトロ。

ジャティネガラ駅改札外。

 

【スポンサーリンク】

 

2016/9/19:Commuter Line:Jatinegara →Manggarai

ジャティネガラ駅ホーム。

ジャティネガラから、ブカシ始発のマンガライ行きの列車に乗りマンガライへ向かう。205系12両編成。

4ドア車にはモニターがある。

6ドア車車内。

車窓から。

終点マンガライに到着。

マンガライにて。

 

【スポンサーリンク】



-ジャカルタの通勤列車, 鉄道, インドネシアの鉄道, インドネシアの街めぐり, 街めぐり, 記録, 2016/9インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.