日本のバス 2022/9九州 バス 記録

13,鹿児島中央駅から枕崎駅へ:鹿児島交通「スーパー特急 枕崎・加世田~鹿児島直行バス」:2022/9/10【2022/9九州】

投稿日:2022年11月20日

【スポンサーリンク】



鹿児島中央からは、指宿枕崎線で枕崎まで往復する予定であった。16時02分発の普通枕崎行きに乗車すれば、枕崎に18時35分に到着し、折返し18時40分の列車に乗ると、帰りは途中の山川で乗り継ぎとなるが、21時10分に鹿児島に戻ってくることができる。

ただ、この日は、直前に乗車した鴨池港から鹿児島中央駅へ向かうバスが10分近く遅れたため、鹿児島中央駅に到着したのは16時過ぎで、16時02分の枕崎行きに乗り継ぐことはかなわなかった。もちろん、バスの10分遅れは誤差の範囲内であり、この乗り継ぎが必ずしもうまくいくわけではないことは、予め想定していたことであった。

さて、この後、17時12分発の指宿行きに乗車すれば、指宿で枕崎行きに乗り継ぐことができ、本日中に列車のみで枕崎を往復することができる。ただ、鹿児島に戻ってくるのが23時近くになるうえ、往路では錦江湾の風景をギリギリ楽しめるかもしれないが、JR日本最南端の駅である西大山駅に到着する頃には真っ暗になり、結局ほとんど暗闇の中を往復することになるだろう。

一方で、鹿児島中央駅から枕崎までは鹿児島交通がバスを運行しており、次の16時35分のバスに乗ると枕崎には18時に到着する。これであれば、枕崎駅から、当初予定していた18時40分発の山川行きに乗ることができる。今回は、枕崎までバスで先行することにした。指宿枕崎線に明るい時間帯に乗車できないのは少し残念であるが、バスも面白そうである。

 

鹿児島中央駅から枕崎までは、鹿児島交通が1日9往復のバスを運行している。普通便が4往復、特急バスが3往復、スーパー特急バスが2往復となっており、普通便でも枕崎までの所要時間は1時間52分である。指宿枕崎線は錦江湾に沿って進むために枕崎へはだいぶ迂回することになるのだが、バスはほぼ直線に近い経路を通るため、下道を走るにも拘わらず、列車よりも所要時間が短い。特に、今回乗車するスーパー特急便は、途中加世田のみ停車で、一部区間では有料道路を通るため、枕崎までの所要時間は1時間25分である。

 

2022/9/10:鹿児島交通:スーパー特急:枕崎・加世田~鹿児島直行バス

今回乗車するのは、16時35分に鹿児島中央駅を出る枕崎行きのスーパー特急便である。

鹿児島交通の親会社のいわさきコーポレーションのウェブサイトでは、「県内主要都市間直行バス」を紹介するページがあり、そこに、鹿屋便、川内・串木野便と並んで、「枕崎・加世田~鹿児島直行バス」が記載されている。このバスは、鹿児島市内の鹿児島(金生町)が始発で、天文館、鹿児島中央駅の順に停車し、鹿児島中央駅を出ると、加世田、枕崎のみに停車する。鹿児島市内は乗車専用、加世田と枕崎は降車専用の停留所である。1日2往復の運行である。

枕崎行きのバスは、鹿児島中央駅東口の16番乗り場から出発する。

 

16時30分過ぎに、枕崎行きのバスが到着した。なかなか古そうな車両であった。三菱ふそうのエアロバス、「鹿児島22き867」である。

 

内装は時代を感じさせるものである。座席は、背もたれの詰め物がだいぶへたっており、座り心地はそこまで良いわけではなかったが、懐かしい気分になった。

 

バスは、定刻16時35分に鹿児島中央駅を出発した。乗客は15名ほどだっただろうか、空いていた。

 

鹿児島中央駅を定刻に出発すると、新武岡トンネルを通り、鹿児島ICから指宿スカイライン・南薩横断道路に入る。鹿児島ICから2,3分程度で、山田料金所を通過する。山田料金所からすぐの谷山ICで高速を降り、県道20号に入る。

 

居眠りをしていて、加世田に到着する旨の案内で目を覚ました。

バスは、17時25分に鹿児島交通加世田バスセンターに到着した。南さつま市加世田本町に位置する加世田バスセンターは、かつて伊集院と枕崎を結んでいた鹿児島交通枕崎線の加世田駅があった場所にある。枕崎線は1984年に廃止され、それからまもなく40年が経とうとしている。

当時の名残であろうか、バスセンターの構内には蒸気機関車とディーゼル機関車が屋外展示されていた。

現在、加世田バスセンターは、鹿児島、伊集院、枕崎、知覧などへのバスが出発する南さつま市の交通の拠点となっている。

加世田バスターミナルの待合所。

 

加世田を出ると、国道270号で枕崎まで向かう。

 

枕崎が近づくと花渡川に沿って走り、最後に川を渡る。

 

終点の枕崎には、定刻より5分早く17時55分に到着した。鹿児島中央駅からの運賃は1,250円であった。

 

バス停の脇には、最南端終着駅のモニュメントと枕崎駅前観光案内所がある。

 

加世田を経て伊集院駅まで行くバスが出発を待っていた。

 

バス停のすぐ背後にはスーパーマーケット「タイヨー枕崎店」がある。

 

バスを降りて、細い道を少し進むと、指宿枕崎線の枕崎駅がある。

 

枕崎駅から道路を挟んで向かい側がバスの待機所となっており、ここまで乗ってきたバスは、客を降ろした後、一旦その待機所に入った。

 

【2022/9九州】(目次

12,志布志駅から鹿児島中央駅へ:鹿児島交通:鴨池・垂水フェリー:2022/9/10【2022/9九州】

13,鹿児島中央駅から枕崎駅へ:鹿児島交通「スーパー特急 枕崎・加世田~鹿児島直行バス」:2022/9/10【2022/9九州】【←本記事】

14,JR指宿枕崎線:キハ47形・キハ200系:2022/9/10【2022/9九州】

 

【鹿児島交通の乗車記録】

19,鹿児島中央駅から鹿児島空港へ:鹿児島交通「鹿児島空港連絡バス 鹿児島市内線」:2021/12/13【2021/12九州】

 

【スポンサーリンク】



-日本のバス, 2022/9九州, バス, 記録

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.