2021その他 駅弁・車内販売ほか 記録

長野:「信濃路幕の内弁当」:デリクックちくま:2021/8/25

投稿日:

【スポンサーリンク】



長野駅の新幹線改札内で「信濃路幕の内弁当」を購入した。1,100円である。

パッケージには、リンドウ、白樺、ライチョウ、ニホンカモシカの絵が描かれている。それぞれ、長野県の県花、県木、県鳥、県獣である。

デリクックちくま製である。

側面にはお品書きが書かれていた。

原材料名はこのような感じである。

弁当を開く。

左上から横に信州サーモン味噌漬け焼き、炊き合わせ、地鶏照り焼きと杏シロップ漬け、左下から横に山菜おこわ、信州エリンギ茸フライと鶏ささ身えごま揚げ、栗おこわである。長野の食材が詰め合わせられた弁当である。

特に、信州サーモン、長野市内のスーパーマーケットで見て初めてその存在を知ったが、長野県のウェブページによると、長野県水産試験場が約10年かけて開発した、ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交配した養殖品種であるという。肉質がきめ細かく、肉厚なのが特徴らしい。

美味しくいただいた。

 

【駅弁・幕の内弁当の記録】

仙台:「幕の内弁当 仙台だより」:こばやし:2019/7/4

東北新幹線車内販売:「列車の幕の内弁当」:大船軒:2014/1/30

 

【スポンサーリンク】



-2021その他, 駅弁・車内販売ほか, 記録

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.