2021/3北海道 日本の鉄道 鉄道 私鉄(東) 記録

8,道南いさりび鉄道:2021/3/20【2021/3北海道】

投稿日:

【スポンサーリンク】



函館市電を全線乗車し、13時に函館駅に戻ってきた。

次に乗る予定の列車まで30分ほど時間があるので、ここで昼食にした。駅の2階にある「あじさい」というラーメン店に入った。

ラーメンとザンギを食べた。

ラーメンはもちろん、ザンギも揚げたてで美味しかった。

 

2021/3/20:道南いさりび鉄道:道南いさりび鉄道線:函館→木古内

ここからは、道南いさりび鉄道に乗車する。

道南いさりび鉄道は、五稜郭と木古内の37.8kmを結ぶ第三セクターの鉄道会社である。2016年3月26日の北海道新幹線開業時に、JR北海道の江差線から移換されて開業した。

函館駅の改札口の横に、道南いさりび鉄道の券売機があった。今回は、ここでは買わず、先ほど購入した「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で乗車する。

次の列車は13時35分発の木古内行きである。

13時35分発の木古内行きは、キハ40形1両編成による運行であった。道南いさりび鉄道の車両は、いずれも元JR北海道の車両であるが、塗装は道南いさりび鉄道に移換されてから塗り替えられている。この列車は濃緑色に塗られていた。

函館方。

木古内方。

1両編成の車内は、既にすべてのボックスに1人か2人座っており、乗車している感じであった。ロングシートの部分に座った。

函館を出ると、次は五稜郭である。五稜郭まではJR函館本線である。

五稜郭を出ると、道南いさりび鉄道線に入る。各駅では、乗る客より降りる客の方が多い。清川口駅でボックスが空き、そちらに移った。

朝が早かったので、眠くなってきた。少しウツラウツラとする。

終点の木古内には14時36分に到着した。函館から1時間であった。

車内。

 

木古内駅は、新幹線との乗り継ぎ駅である。新幹線のコンコースへと進んでみるが、人はほとんどいない。

 

道南いさりび鉄道の方へ戻る。

こちら側には、バスターミナルがある。函館駅、江差、松前の方へバスが出発している。

その向こうには、「道の駅 みそぎの郷 きこない」がある。

中は賑わっていた。今月は北海道新幹線開業からちょうど5周年であり、5周年フェアが行われており、青森の名産品も売られていた。

パン屋さんで塩パンを1個買った。50円也。塩は、津軽海峡の海水からとったのだろうか。小ぶりで美味しいパンであった。

いくつか自分用にお土産も購入した。カステラやバームクーヘンを作っている北じまという会社は、木古内の会社らしい。バームクーヘンの切れ端を安く売っていたので心が動いたが、量が多く、持って帰るのが大変なので購入はやめておいた。

 

2021/3/20:道南いさりび鉄道:道南いさりび鉄道線:木古内→五稜郭

木古内駅へ戻る。

道南いさりび鉄道の木古内駅は無人駅である。

函館行きの乗り場は4番線・5番線である。

15時19分発の函館行きは、先ほど乗車してきた列車の折り返し運用である。

帰りは起きて景色を見ていた。

釜谷駅。駅舎は貨車を改造した物である。

海に沿って進む。

渡島当別駅。トラピスト修道院の最寄り駅とのことで、駅舎も修道院を模したものであるという。郵便局も入っているらしい。

引き続き津軽海峡に沿って走る。

茂辺地駅。

茂辺地で木古内行きとすれ違った。

五稜郭には16時16分に到着した。函館まで行っても時間をもてあましそうなので、ここで降車した。

 

【同区間の過去の乗車記録】

4,青森から函館へ:JR津軽線・津軽海峡線・江差線:2006/7/29【2006/7北海道】

 

【スポンサーリンク】



-2021/3北海道, 日本の鉄道, 鉄道, 私鉄(東), 記録

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.