ホテル 台湾のホテル 記録 2010/9台湾

5,台中:富春大飯店:2010/9/5【2010/9台湾】

投稿日:2019年6月30日

【スポンサーリンク】



台中駅に到着したのは0時近かった。

2010/9/5-7:富春大飯店

駅前の富春飯店に向かう。『地球の歩き方』で安宿として紹介されているホテルである。幸い空室があった。シングルを2部屋、2泊頼む。連泊すると、荷物を置いて出かけることができるので、非常に楽である。連泊するために、夜にはるばる台中まで来たのである。

(翌朝撮影)

古いホテルである。シングル1部屋1泊620元也。玄関のところには530元と書かれているので、どういうことかと思うが、夜も遅いし、繁忙期料金かもしれないので、そのまま承諾する。

パスポートを出すように言われ、パスポートを提示する。係員は、外国人宿泊台帳とやらを出して、名前やパスポート番号を転記する。それが終わると、パスポートが返却される。

サービスとして、500mlのミネラルウォーターのペットボトルが渡される。「埔鯉の水」と書かれている。

私の部屋は2階で、台中駅に面した部屋であった。部屋は、バス・トイレ付きのシングルルームであった。

お茶のティーバッグとポットが部屋に置かれている。

 

バス・トイレも作りは古いが、清潔さは問題がない。

アメニティは髭剃り、クシ、歯ブラシ、石鹸と一通り揃っている。歯ブラシの「おはいよう」は、以前に台東のホテルでも見た。

 

翌朝撮影した、客室からの風景。目の前が台中駅である。

台中駅を拡大。

 

【スポンサーリンク】



-ホテル, 台湾のホテル, 記録, 2010/9台湾

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.