飛行機 記録 アシアナ航空【韓国】 2011/8アメリカ合衆国

39,ロサンゼルスからソウル(仁川)へ:アシアナ航空203便:2011/8/20【2011/8アメリカ合衆国】

投稿日:2019年7月14日

【スポンサーリンク】



アシアナ航空は、ロサンゼルス空港ではトム・ブラッドレー国際線ターミナルから出発する。"Tom Bradley"とは、1973年から1993年までの5期20年間にわたってロサンゼルスの市長を務めた人らしい。ロサンゼルスにおける初めてのアフリカ系アメリカ人の市長であったとのことである。大都市の市長を20年間も続けたのだから、相当な実力者であったのだろう。

チェックインカウンターは空いていた。4時間ほど前から開いていたようである。待たずにチェックインをする。成田までの搭乗券を出してもらえる。

すぐに手荷物検査をすませて、搭乗口へ向かう。

少しお腹が空いたので、ポテチを買って食べる。ポテチ、久しぶりに食べると美味しい。

 

2011/8/20:アシアナ航空203便(OZ203):ロサンゼルス→ソウル・仁川:B777-200ER(HL7756)

8月20日0時20分発のアシアナ航空203便ソウル行きは、104番搭乗口から23時50分に搭乗開始となった。エコノミーはゾーン毎の搭乗となる。前方キャビンなので一番最後の搭乗となった。

搭乗券。

機種はB777-200ERであった。ビジネスクラスとエコノミーの2クラスの機材である。座席は20Cである。エコノミーのパーソナルTVは、行きのA330のそれの一世代前のもので、小さく、映像も粗い。

機内はほぼ満席のようである。ただ、座席は通路側であり、またシートピッチは広めなので、快適である。

 

2011年8月20日土曜日。

定刻0時20分に動き出す。

深夜でもロサンゼルス空港は混雑している。動いたり止まったりを繰り返しつつ、滑走路に向かう。0時47分に離陸し、0時53分にシートベルトサイン消灯する。

まずメニューが配布される。深夜便ではあるが、出発早々しっかりとした機内食が出されるとのことで、期待が大きい。

まもなく機内食のカートが来る。ビビンバとステーキからの選択なので、ビビンバを選択した。おなじみの韓国食である。インスタントのご飯を、野菜類が載せられた陶器の器に移し、キムチやコチュジャンを入れて、かき混ぜるとできあがりである。美味しい。さすが韓国のエアラインである。

ビビンバの説明。

機内食サービスが終わり、お茶のサービスも終わると、やっと機内が暗くなる。もう2時30分過ぎである。ここで日本・韓国時間に時計を直す。16時間ほど進み、8月20日の18時30分である。眠いので、機内サービスのスリッパに履き替えて、すぐに寝る。

 

2011年8月21日日曜日。

起きたら日本・韓国時間で8月21日の午前2時を少し過ぎたところであった。8時間近く、意識が吹っ飛んでいたわけである。よく寝たと思うが、まだ機内は暗い。

2時20分頃、機内の照明が点灯する。まず、トレーでのドリンクサービスがある。オレンジジュース、トマトジュース、水からの選択であった。オレンジジュースをいただく。

次に機内食のサービス。2食目はチーズオムレツかタコご飯かの選択である。タコを選択した。ピリ辛で美味しい。マフィンはレーズン入り。ヨーグルトはブルーベリー味である。完食する。

その頃、飛行機は静岡県の上空を飛行中であった。

その後、免税品の販売がある。最後に、ユネスコのビデオが流され、募金の協力要請がある。

4時30分にシートベルトサインが点灯した。

4時40分、まだ真っ暗な仁川空港に着陸した。長々と誘導路を走り、定刻より5分早く、4時55分にスポットインした。

 

【スポンサーリンク】



-飛行機, 記録, アシアナ航空【韓国】, 2011/8アメリカ合衆国

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.