鉄道 バス 台湾のバス 記録 台湾の鉄道 2010/9台湾

37,菁桐から台北へ:2010/9/11【2010/9台湾】

投稿日:

【スポンサーリンク】



菁桐から台北へはバスで戻ることにする。

2010/9/11:臺北客運:菁桐→捷運木柵站

駅を出て右側にしばらく進むと、バス通りに出る。バス停のある付近でバスを待つと、数分で木柵に行くバスが来た。

乗車したバスは、臺北客運のバスだったと思う。列車と違い、客は多くない。

バスは、しばらくは山の中を走る。運転は台湾の普通の水準で、カーブが多い山道であるにもかかわらず運転は荒く、椅子に座っていても、身体に力が入った。

深坑付近まで来ると、山を出たという感じになり、すれ違うバスも多くなってくる。およそ40分で、捷運木柵站に到着する。

木柵駅。

 

2010/9/11:台北捷運文山線:木柵→忠孝復興

木柵からは捷運文山線に乗り、忠孝復興へ向かう。

文山線は無人運転の新交通システムで、4両編成の小さな列車が走っている。高架上を走り、かつ窓が大きいので、眺めがよい。90度のカーブなど、見所もある。

 

2010/9/11:台北捷運板南線:忠孝復興→台北

忠孝復興站には、台北捷運のグッズ売り場があった。台北車站にあるグッズ売り場とほとんど同じである。少し覗いただけで出る。

板南線に乗り、台北車站へ。台北車站では一回改札を出て、台鉄本舗で少し買い物をする。同行者は、臺鐵のダイヤグラムを購入している。私は既に持っているので買わない。ただ、欲しかった置物を1つ買った。

 

2010/9/11:台北捷運淡水線:台北→中山

淡水線で中山へ出て、いったんホテルに戻る。19時頃であった。

【スポンサーリンク】



-鉄道, バス, 台湾のバス, 記録, 台湾の鉄道, 2010/9台湾

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.