飛行機 アメリカ合衆国の航空会社 記録 2011/8アメリカ合衆国

32,オークランドからロサンゼルスへ:サウスウエスト航空1241便:2011/8/18【2011/8アメリカ合衆国】

投稿日:2019年7月14日

【スポンサーリンク】



シアトルからのサウスウエスト航空1543便は、17時17分にオークランドに到着した。ここで18時30分発のロサンゼルス行きに乗り換える。

1時間ほど時間があるので、夕食を食べる。フードコート内の中華料理店で、ご飯とおかずのコンボを購入する。注文の仕方が液晶で表示されているので分かりやすい。まず、主食となるものをご飯か麺かチャーハンかから選び、次におかずを選ぶという仕組みであった。ご飯と"Kung Pao Chicken"たるものを注文する。

"Kung Pao Chicken"とは鶏肉と野菜を一緒に炒めたもので、ピリ辛であった。ご飯と合い、美味しかった。

食後、ディスプレイで、サウスウエスト航空1241便ロサンゼルス行きの便の搭乗口を確認する。知らぬ間に1時間遅れになっていた。

ただ、まもなくロサンゼルスに行く先発便が出発するので、カスタマーサービスに行ってみる。切符の変更をしてもらおうと思ったが、同じように考える人は多いようで、長い列ができている。しばらくすると、満席との案内が流れる。

空港内にはバーもあり、ビジネス客でにぎわっている。

搭乗口付近。

 

2011/8/18:サウスウエスト航空1241便:オークランド→ロサンゼルス:B737-500(N504SW)

18時30分発のサウスウエスト航空1241便は、24番搭乗口から19時20分頃に搭乗開始となった。この便はロサンゼルス止まりではなく、ロサンゼルス経由便であった。控えていなかったので最終目的地は忘れた。

搭乗。

Aグループの30番台で機内に入る。後方窓側に座る。

機種はB737-500型機(N504SW)であった。日本でも全日空が飛ばしている機種であるが、サウスウエスト航空では少数派である。後で調べたところによると、この機材は1990年からサウスウエスト航空で飛んでいるようで、もう21年目であった。先ほどまで乗っていたB737-300よりも古い。

頭上のパネルも古めかしいものである。

搭乗後すぐに入ったトイレも時代を感じさせるものであった。

サウスウエスト航空のロゴ。

機内は空いていた。多くの客が先発便でロサンゼルスに向かったのだろう。

19時38分に出発する。

空港内には貨物機が多い。FedExやUPSの基地があるのだろうか、特にこの2つを多く見かけた。

高速で誘導路を駆け抜け、間もなく離陸する。離陸後しばらく外を見ていたが、空港の周辺には何もない。結構辺鄙なところにある空港のようである。

離陸してしばらくすると大きな空港が見える。サンフランシスコ国際空港だろうか。

機窓から。

機内。

この便も機内サービスは前便と同じで、ドリンクサービスとおつまみのサービスであった。ただ、おつまみは、ピーナッツが2袋渡された。ドリンクは、クランベリーアップルジュースを注文した。酸味があり、なかなか美味しい。

空の色が次第に濃紺から黒に変わる。

ロサンゼルスが近くなると、下にはオレンジ色のネオンが光っている。

ロサンゼルス空港には20時50分に着陸した。誘導路を高速で走行し、特に滑走路を横切る時は一段と早くなる。空港の端まで移動し、第1ターミナルのスポットには79分遅れの20時59分に到着した。

搭乗機。

 

【2011/8アメリカ合衆国】(目次

31,シアトルからオークランドへ:サウスウエスト航空1543便:2011/8/18【2011/8アメリカ合衆国】

32,オークランドからロサンゼルスへ:サウスウエスト航空1241便:2011/8/18【2011/8アメリカ合衆国】【←本記事】

33,ロサンゼルス空港からユニオン駅へ:FLYAWAY:2011/8/18【2011/8アメリカ合衆国】

 

【スポンサーリンク】



-飛行機, アメリカ合衆国の航空会社, 記録, 2011/8アメリカ合衆国
-, , ,

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.