日本の街めぐり 街めぐり 記録 2011/2宮城

3,とよま:みやぎの明治村(1):2011/2/12【2011/2宮城】

投稿日:2019年7月6日

【スポンサーリンク】



登米町は、かつては独立した町であったが、2005年の町村合併によって登米市の一部となり、「登米(とめ)市登米(とよま)町」となった。同じ漢字を使うのに市名と町名で読み方が異なるので紛らわしい。東日本急行は登米市役所のある迫町の佐沼にもバスを出しているので、「登米」と「とよま」で行き先を使い分けている。

この登米町であるが、キャッチコピーが「みやぎの明治村」であり、その名のとおり、明治時代の建物もいくつか現存している。

バスを降りて、まず向かいにある観光物産センター「遠山之里」に行く。ここに観光案内所がある。

この観光案内所で、5つの観光施設に入館することができる5館共通入館券を購入する。通常料金は800円であるが、冬季は650円であった。また、観光パンフレットももらう。

 

教育資料館(旧登米高等尋常小学校校舎)

まず、物産センターに隣接する、教育資料館へ行く。ここは昔の登米高等尋常小学校の校舎を利用した資料館である。1888年(明治21年)に建てられてた木造2階建ての洋風建築で、「コ」の字型に作られている。このような建物が残されている例は珍しいのか、国指定の重要文化財となっている。

六角形を半分にした形の昇降口から建物に入る。この部分を作るのはかなり大変だったらしい。

まず、登米の歴史についての資料を展示してある部屋から見る。登米(とよま)は、774年の『続日本紀』の中の「遠山村」が語源らしい。また、後に分かることであるが、「登米(とめ)」というのは、明治時代に中央の役人が「登米(とよま)」を「とめ」と誤読したところから来ているらしい。

建物の内部には、再現教室はもちろん、校長室、戦前の教育の歴史についての資料室、戦前から現在にいたるまでの教科書が置かれた資料室、校舎の建設を行った山添喜三郎氏や改修工事に関する資料室などがある。展示はかなり充実している。

仙北鉄道についての展示も少しある。仙北鉄道は、登米線(瀬峰~登米)と築館線(瀬峰~築館)の2つの路線からなる軽便鉄道であった。登米線は1921年に開通し、1968年の廃止までの47年間鉄道を走らせていた。当初は瀬峰から登米までの26.8kmを3時間かけてのんびりと走っていたらしい。

40分近くかけて、のんびりと校舎を見て歩く。来てよかったなと思う。

 

【スポンサーリンク】

 

伝統芸能伝承館

教育資料館を40分ほど見学した後、次ぎに伝統芸能伝承館に向かう。教育資料館の背後に現在の登米小学校があり、その横が登米高校である。

高校の脇を通り、道案内の通りに進むと、伝統芸能伝承館に着く。教育資料館からだいたい10分程度だろうか。

小さな展示室では、登米で昔から伝わってきた能についての説明、および着物やお面などが展示がなされている。登米では、江戸期は武士の娯楽であった能が、明治期になって武士が帰農した結果、農民の娯楽となり、今日まで承け継がれているとのことである。

展示室の裏側には能の舞台がある。毎年9月にはここで能が上演されるらしい。係員の説明だと、ここでは、プロではなく一般人が能を演じるから料金が安いとのことである。ぜひ来て下さいと言われる。

 

【スポンサーリンク】



-日本の街めぐり, 街めぐり, 記録, 2011/2宮城

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.