日本の空港・ラウンジなど 飛行機 ANA【日本】 空港・ラウンジなど 記録 2015/2インドネシア

3,成田からジャカルタへ:ANA835便:2015/2/21【2015/2インドネシア】

投稿日:2019年8月28日

【スポンサーリンク】



仙台からのANA3234便は成田空港に15時10分に到着した。ここで、18時10分発のANA835便ジャカルタ行きに乗り継ぐ。

搭乗券を持っているので内際乗継用の出国審査場を使うことができるのだが、出国前にシティバンクで金をおろしたい。国際線の出発ロビー階にあるシティバンクのATMで金をおろす。

つい最近できたという、スターアライアンスの上級クラス・上級会員用の保安検査場を利用する。

出国審査場は混雑していたが、自動化ゲートは人が並んでいない。こちらで出国審査をすませ、係官に申告してスタンプを押してもらい、出国した。

ANA835便ジャカルタ行きは28番搭乗口からの出発で、一番近いラウンジはユナイテッドクラブであり、搭乗券にも"UA Lounge"と書かれている。しかし、この時間帯のユナイテッドクラブがきわめて混雑することは前回分かっている。まだ第5サテライトのANAラウンジに行ったことがないので、今回はそちらに行ってみる。

 

【スポンサーリンク】

 

2015/2/21:成田空港:第1ターミナル:ANAラウンジ(第5サテライト)

第5サテライトのANAラウンジは、第4サテライトと違って窓がある。窓があるだけで開放的な雰囲気である。

奥のソファーに陣取る。一度「混雑してきましたので荷物を座席に置くことはご遠慮ください」といった感じの案内が流れるも、奥の方まではあまり人は来なかった。

食事のコーナー。

まずチキンナゲットとポテト、いなり寿司をいただき、その後にカレーライスをいただいた。チキンカレーはあっさりしておりなかなか旨い。ここで17時半頃まで休憩する。

 

【スポンサーリンク】

 

2015/2/21:ANA835便(NH835):成田→ジャカルタ:B787-8(JA807A)

18時10分発のジャカルタ行きANA835便は、17時40分頃に搭乗を開始したようであった。第5サテライトからしばらく歩いて、1階の28E搭乗口までたどり着くと、ちょうど優先搭乗中だったので、そのままバスに乗り込む。

搭乗券。

1台目のバスは優先搭乗客のみで出発となる。私が乗ったのは最後の方であったため、もう空席はなかった。バスは、北ウィングを過ぎて貨物機が駐機している区画へと進む。貨物機に挟まれて駐機していたB787-8型機(JA807A)の前で止まった。車いすの客が搭乗している最中とのことで、しばらくバス車内で待った後に、バスから降り、タラップで飛行機に入る。

エコノミークラスが2+4+2の座席配置であった。この座席配置、今も積極的に採用しているのは世界的に見ても日本航空だけではないだろうか。ANAも当初はこの座席配置を採用していたが、その後、何らの告知もなく、しれっと国際線にも世界標準たる3+3+3の座席配置を採用してしまった。今回の復路は、その3+3+3の座席配置の運航便である。

座席は17Dである。シートのリクライニングは、背中が倒れるのではなくて座面が前にスライドするタイプである。座面を前にスライドすると、もともと広くはないシートピッチがさらに狭くなる。このようなシートはキャセイも一時期導入していたと記憶しているが、苦情が多かったのか、近年は両者ともに従来型のリクライニングシートを採用している。

機内(後で撮影)。

ちなみに、トイレはウォッシュレット装備である。

 

この型の機内についての詳細は、下記過去記事も参照。

5,成田からシンガポールへ:ANA111便:2013/10/31【2013/10インドネシア】

 

搭乗率は意外にも高い。むしろ空席がほとんど見当たらない。格安の料金からして空席が多いのかと思っていたが、少なくともこの便に限っていえば、そういうわけではないようであった。

18時13分に出発する。離陸までは時間がかからない。離陸後、寝ている間におしぼりのサービスがあったらしい。起きたら、ちょうどおしぼりの回収中であった。

そのすぐ後におつまみと飲み物のサービスがある。このようなおつまみのサービスを受けるのは久しぶりなような気がする。最近乗る便では、離陸後すぐに食事というパターンが多い。

機内食は、「おにぎり弁当」と「バジル風味のローストチキン」からの選択であった。チキンを選ぶ。

食後、消灯となる。エンターテイメント設備をいじってみるが、音楽プログラムが充実しているのが気に入った。

日本とジャカルタとでは時差が2時間ある。時計の針を2時間戻す。

ジャカルタ時間の22時10分、着陸1時間半ほど前に、軽食としてパンが配られる。

まもなく到着である。

23時40分にジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に着陸する。23時47分、定刻より少し早くターミナル2の搭乗口に到着した。

飛行機を降りた後、急ぎ足でVOA(Visa on Arrival:到着ビザ)のカウンターへ向かう。一部では今年の1月から日本人の観光ビザが免除されるとの報道が流れていたが、未だビザ免除は開始されていない。35米ドルを支払う。

その後入国審査に並ぶ。係員に、"Indonesian"と書かれた列に誘導される。日本のパスポートを見せるも、ここで良いのだと言う。前には4人ほどしかおらず、5分程度で入国審査を終える。入国審査を終えて手荷物受取所に入るところで、シェラトンホテルのスタッフが立っている。ホテルによっては、制限エリア内への立ち入りが認められているようである。手荷物を預けていなかったので、0時10分には空港の外に出ることができた。

 

【成田→ジャカルタ便の過去の搭乗記録】

成田からジャカルタへ:日本航空725便:2006/3/25

 

【スポンサーリンク】



-日本の空港・ラウンジなど, 飛行機, ANA【日本】, 空港・ラウンジなど, 記録, 2015/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.