鉄道 ジャワ島の鉄道 インドネシアの鉄道 記録 2013/10インドネシア

18,ガンビル駅での乗車券購入:2013/11/2【2013/10インドネシア】

投稿日:2019年8月14日

【スポンサーリンク】



2013/11/2:Transjakarta:Koridor 1:Mangga Besar → Harmoni Sentral

2013/11/2:Transjakarta:Koridor 2:Harmoni Sentral → Gambir 2

マンガブサールから、トランスジャカルタに乗ってガンビル駅へ向かう。料金はRp3,500也。チケット売場では紙の乗車券を渡される。自動改札機の前に立っている係員が乗車券の半券を破り、自らのICカードを自動改札機にあてて通してくれる。自動改札機の意味がない。いずれは乗車券をICカードにするのだろうか。

ブロックM行きのバスは混雑しており、3便ほど待って乗車する。新しい連接バスであった。(写真は、別の時に撮影)

ハルモニでバスを乗り換える。ハルモニはトランスジャカルタの一大ジャンクションであり、大混雑であった。

ハルモニでKordior 2のバスに乗り換えてガンビル駅へ向かう。バスを"Gambir 2"で降りる。

 

ガンビル駅のカウンターに並び、翌日のチラチャップまでの切符を買う。以前あった申込書がないので、ノートに乗りたい列車を書く。モニターの表示を見る限り、切符はありそうである。20分ほど待って順番が来たが、ここでは買えないという。私が並んでいたのは3番窓口であったが、向こうに回って6番窓口に行けと言っているようである。

見た限り、窓口は1番から4番までしかない。とはいえ、一旦駅舎を出ると、"↑ Loket"という標識がある。"Loket"とは窓口のことである。向こうにも窓口があるのかと思い行ってみると、6番以降の窓口があった。そしてその脇には、申込書の記入スペースもあった。申込書に、乗車列車と名前を記入して列に並ぶ。ここでも20分ほど待つ。パスポートと申込書を提示すると、すんなり購入できた。2等車"Bisnis"で料金はRp210,000也。約2000円である。乗車時間7時間で2,000円なのだから、やはり物価が安い。ちなみに、こちらの窓口、夜は19時で閉まるようなので、昨日、仮にそのままバスでガンビル駅まで来ることができたとしても、間に合わなかったことだろうと思う。

ずっと立っていて疲れたので、駅構内にあるダンキンドーナツに行き、ドーナツとオレンジジュースで休憩する。オレンジジュースは氷を入れないでと言ったが、サイズを言うのを忘れたら、勝手に大きい方にされた。料金にして日本円で10円足らずの違いであるが、量が多く、半分飲むのがやっとだった。

 

2013/11/2:Transjakarta:Koridor 2:Gambir 1 → Juanda

かつてはガンビル駅にも通勤列車が停車していたのだが、現在は全列車通過となっている。トランスジャカルタに乗って、隣のジュアンダ駅まで行く。ジュアンダ駅に行くトランスジャカルタは、"Gambir 1"から出発する。ガンビルを出て2つ目がジュアンダである。

トランスジャカルタ・ジュアンダ停留所。

 

【2013/10インドネシア】

17,ジャカルタ:パダン料理:2013/11/2【2013/10インドネシア】

18,ガンビル駅での乗車券購入:2013/11/2【2013/10インドネシア】【←本記事】

19,ジャカルタの通勤列車(1):2013/11/2【2013/10インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, ジャワ島の鉄道, インドネシアの鉄道, 記録, 2013/10インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.