日本の鉄道 鉄道 JR東海 駅弁・車内販売ほか 記録 2019/10東海

13.桑名から名古屋へ:JR関西本線:快速みえ18号:2019/10/27【2019/10東海】

投稿日:2020年1月5日

【スポンサーリンク】



桑名駅の横には桑栄メイトという建物がある。1973年に供用開始となった建物であり、2階には食堂が入店している。大きな改装などはなされていないのか、現在となってはレトロ感が漂う建物である。人で賑わっており、特に餃子の店は食事時ではないにもかかわらず列ができていた。

 

2019/10/27:JR関西本線:快速みえ18号:桑名→名古屋

桑名から名古屋へは、JR関西本線の快速みえ18号で向かう。「快速みえ」は名古屋と鳥羽を結ぶ快速列車であり、指定席も設置されている。混雑しているという話を聞いていたので、事前に指定席を購入しておいた。

桑名駅は工事中であった。

指定席券。

 

快速みえ18号は4両編成で、指定席は最後尾1号車であった。車内は自由席も指定席も混雑しており、座席を確保しておいて良かった。指定席には外国人が多かったように思う。

行先幕(名古屋到着後に撮影)。

桑名を16時39分に出発した。

車窓から。

車内。転換クロスシートが並んでいる。

桑名から名古屋までには停車駅はないが、信号待ちで3回停車した。1回目は弥富駅を過ぎた後、2回目は永和駅、3回目は春田駅であった。

終点の名古屋には17時07分に到着した。

 

名古屋駅のホームにはきしめんの店舗があるという。降りたホームでは見当たらなかったので、東海道本線のホームに移動すると、すぐに見つかった。こちらできしめんを食べた。美味しかった。

 

【スポンサーリンク】


 

2019/10/27:JR東海道新幹線:ひかり476号:名古屋→熱海

ここからは寄り道をせずに東京へ戻る。

熱海までであれば、「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」と新幹線特急券で東海道新幹線を利用することができる。熱海までの自由席特急券を購入して、改札を通る。

新幹線ホームには駅弁屋さんがあり、大盛況であった。名古屋に来たのだから味噌カツも食べたい。先ほどきしめんを食べたばかりであるが、味噌カツの弁当を購入した。

17時37分発の東海道新幹線ひかり476号東京行きに乗車する。岡山始発の新幹線で、日曜の夕方ということもありさすがに混雑していたが、自由席で座ることができた。デッキで立っている客はいなかったので、たぶん名古屋から乗った客はほとんど座ることができたのだろう。

購入した「みそかつ弁当」。ジェイアール東海パッセンジャーズ製。890円也。添付の八丁味噌だれをかけて食べた。味噌カツは食べ応えがあった。弁当なので冷めてはいるが、十分に美味しかった。

熱海には19時02分に到着した。

 

2019/10/27:JR東海道本線:普通:熱海→東京

熱海からは在来線で東京へ向かう。熱海を19時09分に出る上野東京ライン・高崎線直通の高崎行きに乗り換えた

せっかくなのでグリーン車に乗車した。こちらはだいぶ空いていた。

東京には20時58分に到着した。

 

<【2019/10東海・完】>

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, 鉄道, JR東海, 駅弁・車内販売ほか, 記録, 2019/10東海

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.