鉄道 記録 2020/2ヨーロッパ ドイツの鉄道

10,ホーフからドレスデンへ:RE3 74027:1等車:2020/3/1【2020/2ヨーロッパ】

投稿日:2020年3月19日

【スポンサーリンク】



ミュンヘンからのALX79859列車は16時18分にホーフ(Hof)に到着した。ここで16時27分発のドレスデン行きRE3 74027列車に乗り換える。

 

ホーフは、開業当初、王国バイエルン邦有鉄道と王国ザクセン邦有鉄道の境界地点あった。ホーフ中央駅(Hof Hbf.)の駅舎も、1856年に設計された歴史ある建物である。左右対称の作りとなっている。全体が入るほど遠くまで行く時間はなかったので、3枚に分けて撮影した。

 

こちらは16時33分発のライプツィヒ行きである。テューリンゲン州エアフルトを中心に展開するエアフルターバーン(Erfurter Bahn)という私鉄会社による運行である。

 

2020/3/1:RE3:74027:Hof Hbf. → Dresden Hbf.

16時27分発のドレスデン行きRE3 74027列車は、4番線からの出発であった。

”RE”とはレギオナルエクスプレス(Regional-Express)の略で、日本で言うところの快速列車である。

ドレスデン行きの快速は、トランスデヴ(transdev)というグループに属する中部ドイツ鉄道(Mitteldeutsche Regiobahn)による運行である。

車両は、アルストム社のコラディア・コンチネンタル(Coradia Continental)1440形という近郊列車用の低床車両であった。

前寄りに5両編成、後ろ寄りに3両編成の編成が連なって、計8両による運行であった。もっとも、1両は短く、各車両にドアは1つか2つしかない。

後ろ寄り3両は混雑していたが、前寄り5両は空いていた。前寄り5両の編成に乗車した。

 

1等車は、3両、5両各編成のホーフ寄り車両にあった。ドアと運転室の間の狭い空間にあり、2等車とは自動ドアで区切られている。座席は1編成に9席だけであり、1人掛け、2人掛け、2人用のボックスシート、4人用のボックスシートで構成されていた。座席は革張りである。

枕カバーには"1. Klasse"との刺繍がある。

テーブル。飲みかけのアプフェルショーレはホーフ駅で購入したものである。

座席は後ろには倒れないが、座席脇のレバーで座面を前にスライドさせることはできる。

座席横にはゴミ箱がある。

 

車端部には電光表示器がある。

 

2等車。横4列で、1等車に比べて座席の作りは簡素である。こちらの座席には座面スライドの機能がない。

 

ドア横には刻印機があった。

 

運行状況を示すモニターもある。

 

定刻16時27分にホーフを出発した。1等車の客は私だけであった。

ホーフからドレスデンまでおよそ220kmである。この路線も歴史が古く、1870年には全線に渡って開業をしていたようである。とりわけ、ホーフからプラウエン(Plauen)までの区間の開業は1848年である。

ホーフを出るとまもなく州境を超え、バイエルン州からザクセン州に入る。

ホーフを出ると、次の停車駅であるプラウエン(Plauen)まで30分ほど停車しない。プラウエンには16時58分に到着した。

車窓から。

ついで、ライヒェンバッハ(Reichenbach)に17時15分に到着した。

列車は、速度を上げて淡々と走る。

ツヴィッカウに近づくと、客車が止まっているのが見える。

ツヴィッカウ(Zwickau)に17時30分に到着した。隣のホームには17時39分発のドレスデン行きRB(Regional-bahn・レギオナルバーン)が停車している。普通列車である。

ツヴィッカウからドレスデンまで、このレギオナルエクスプレスは7駅に停車し、所要1時間半である。対して、レギオナルバーンに乗ると、ドレスデンまで33駅を各駅に停車し、所要2時間12分である。

ツヴィッカウで1等車に2人乗車した。

ツヴィッカウを出ると、次はグラウハウである。

グラウハウ付近。

グラウハウ(Glauchau)には17時40分に到着した。

ホーエンシュタイン=エルンストタール(Hohenstein-Ernstthal)に17時49分に停車する。

徐々にあたりが暗くなっていく。

ケムニッツ中央駅(Chemnitz Hbf.)には18時03分に到着した。ケムニッツ駅からはライプツィヒ、リーザ(Riesa)などへ向かう列車も出発しており、駅の規模も大きい。ホームが何本かある。

フレーア(Flöha)に18時13分、フライベルク(Freiberg)には18時30分に停車する。

フライベルクを出発すると、車掌が検札に来た。

タラント(Tharandt)には18時50分に停車した。

終点のドレスデン中央駅(Dresden Hbf.)には19時03分に到着した。ドレスデン中央駅は1階に頭端式のホームが並んでおり、その中に到着した。

連接台車だろうか。

乗車列車を改めて撮影。

 

【2020/2ヨーロッパ】(目次

9,ミュンヘンからホーフへ:ALX79859:1等車:2020/3/1【2020/2ヨーロッパ】

10,ホーフからドレスデンへ:RE3 74027:1等車:2020/3/1【2020/2ヨーロッパ】【←本記事】

11,ドレスデン:イビスドレスデンバスタイ(ibis dresden bastei):2020/3/1【2020/2ヨーロッパ】

 

【スポンサーリンク】

 

【ドイツの近郊列車の乗車記録】

55,フランクフルトからコブレンツ経由でケルンへ:2012/3/4【2012/2ドイツ】

52,ハイデルベルクからフランクフルトへ:RE15372:2012/3/3【2012/2ドイツ】

28,オラニエンブルクからベルリンへ:RE5 4361:2012/2/28【2012/2ドイツ】

 

【スポンサーリンク】



-鉄道, 記録, 2020/2ヨーロッパ, ドイツの鉄道

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.