日本のバス バス 記録 2021その他

長野から白馬へ:アルピコ交通「長野-白馬線」:2021/9/26

投稿日:2021年11月3日

【スポンサーリンク】



長野から白馬まではバスで僅か1時間であるということを、時刻表を見て初めて知った。鉄道で向かうと、この区間は、松本経由となり、3時間程度の時間を要する。その感覚があったので、長野県民にとっては当然の事実なのだろうが、長野と白馬がこれほどに近いと知ったときは驚きであった。知ったからには、そのバスに乗ってみることにした。

長野から白馬へは、アルピコ交通が直通のバスを運行しており、春夏秋ダイヤの長野発の白馬方面行きは1日7便、その逆は6便である。白馬から長野への通勤需要もあるのか、白馬発の始発は6時半、長野発の終バスは20時である。長野発は、3便が白馬乗鞍行き、1便が栂池高原行き、夕方以降の3便が白馬八方バスターミナル止まりである。

 

2021/9/26:アルピコ交通「長野-白馬線」:長野駅東口→白馬駅前

2021年9月26日日曜日。今回は、14時に長野駅東口を出る白馬乗鞍行きのバスに乗車して白馬駅まで向かうことにした。

長野白馬線は、長野駅東口から出発する。アルピコ交通の案内所は、長野駅善光寺口7番乗り場の前にあるが、東口にはない。そうすると乗車券はどこで買うのかということになるが、東口のお土産店「科の木東口店」がアルピコ交通の乗車券を扱っていた。

長野駅東口からは、白馬行きのほか、信濃大町、扇沢方面へのバスも出発しており、そちらの乗車券も科の木東口店で購入することができる。

 

クレジットカードは使用できなかったが、交通系ICカードは使用可能であり、Suicaで購入した。白馬駅前までは2,200円である。最近値上げをしたのだろうか、乗車券には「2,000円」の文字が印刷されていたが、その部分に取り消し線が引かれ、上に「¥2200」のスタンプが押されていた。

 

白馬方面行きのバスは26番乗り場からの出発である。

 

14時発の白馬乗鞍行きのバスに乗車した。

 

車内。

頭上には読書灯がある。

座席下にはコンセントが設けられていた。

 

定刻14時に長野駅東口を出発した。客は15名程度だっただろうか。観光客と見られる集団もいたが、そうではなさそうな客の方が多かった。

長野駅東口を出ると、信越本線のガード下を通り駅の西側へ出て、長野大通り、県庁通りを進む。県庁通りに入ってすぐの中御所の交差点を右折して、国道19号に入る。国道19号は、安茂里までは信越本線に沿って進み、その後犀川に寄り添う。

犀川を渡って川の反対側に出ると、右側には小田切ダムがある。引き続き犀川に沿って走るが、バスはトンネルに入る。

犬戻トンネルに入ると、片側交互通行の箇所がある。このときは、2021年7月6日に犬戻トンネル西側出口付近で地滑りがあったために、片側交互通行となっていた。長野駅の停留所でもアルピコ交通のウェブページでも、片側交互通行の影響でこの区間を通る路線に15~45分程度の遅れが生じているとの案内があった。ただ、タイミングが良かったのか、トンネル内で一度停車はしたものの、ほぼ待つことなく通過した。

犀川に沿ってしばらく進んだ後、右折して長野県道31号に入る。長野県道31号は一部区間が白馬長野有料道路という有料道路になっており、31号に入ってすぐのところに料金所がある。料金所を出ると、犀川を渡り、日高トンネルに入る。有料道路の区間は1972mとのことで、このトンネルを出るとすぐに終わる。

 

バスは、長野市から上水内郡小川村、大町市へと進む。

最初の停留所である千見は大町市である。次いで、美麻ぽかぽかランド前に停車する。ここは日帰り入浴施設らしい。これら2つの停留所は乗降共に可能である。

北安曇郡白馬村に入り、サンサンパーク白馬には14時55分に到着した。ここは降車専用である。

次の白馬五竜も降車専用の停留所である。降車客はおらず、通過して白馬駅へ向かった。

 

白馬駅には15時05分に到着した。空いていた時間であったのか、犬戻トンネルの片側交互通行の影響は全く受けず、むしろ定刻より5分早着であった。私はここで降りた。

 

白馬駅は乗降共に可能な停留所であり、何名か乗車した。バスはここで5分ほど停車して、定刻15時10分になってから出発した。白馬駅から栂池高原までは所要27分、終点白馬乗鞍までは37分である。

 

【スポンサーリンク】

 

【アルピコ交通の乗車記録】

長野駅から鬼無里へ:アルピコ交通「【74】鬼無里線」:2021/9/23

長野市茶臼山動物園:2021/9/20

長野から松本へ:アルピコ交通「長野-松本線」:2021/9/10

長野駅から篠ノ井駅へ:アルピコ交通「【32】運転免許センター篠ノ井線」:2021/9/4

 

【スポンサーリンク】



-日本のバス, バス, 記録, 2021その他

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.