日本航空【日本】 飛行機 記録 2006その他

ジャカルタからデンパサールへ:日本航空726便:2006/3/25

投稿日:2019年5月26日

【スポンサーリンク】



2006年3月25日土曜日。

成田からの日本航空725便は、ジャカルタに17時05分に到着した。

成田からジャカルタへ:日本航空725便:2006/3/25

 

2006/3/25:日本航空726便(JL726):ジャカルタ→デンパサール:B777-200ER(JA702J)

ジャカルタで、19時20分発のデンパサール経由成田行き日本航空726便に乗り継ぎ、デンパサールへ向かう。2005年冬ダイヤにおける日本航空のインドネシア路線は、成田→ジャカルタ→デンパサール→成田という三角運航を行っていたと記憶している。

ジャカルタでは入国はせずに、乗り継ぎ用の通路を進み、出発階で出発を待つことになる。

搭乗開始時刻となり、成田から乗ってきた飛行機に再び搭乗する。

ジャカルタを離陸すると、軽食が出される。サンドイッチを中心としたコールドミールであり、ボックスで提供された。

ジャカルタとデンパサールとの間には1時間の時差がある。

デンパサールのングラ・ライ空港には、ジャカルタから1時間40分の飛行で、現地時間の22時00分に到着した。

デンパサールの空港で入国審査を受け、インドネシアに入国した。

 

なお、2006年夏ダイヤでは、インドネシア路線が系列のJALウェイズに移管され、さらに成田→ジャカルタ→デンパサール→ジャカルタ→成田という単純往復に経路を変更した。機材はB747-400型機であった。

デンパサールからの帰りはこのJALウェイズの便に乗ったのだが、写真が残っていないので記録は割愛する。

 

【スポンサーリンク】



-日本航空【日本】, 飛行機, 記録, 2006その他

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.