日本のホテル ホテル 2020その他 記録

仙台:ホテル法華クラブ仙台:2020/12/4

投稿日:2020年12月13日

【スポンサーリンク】



2020/12/4-5:ホテル法華クラブ仙台

2020年12月4日金曜日。仙台に行った際に、ホテル法華クラブ仙台に宿泊した。予約は、宿泊当日に楽天トラベルで行った。シングルルーム、朝食付き、Go Toトラベル適用で1泊2,815円であった。

ホテルは愛宕上杉通り沿いにある。仙台駅西口から徒歩10分程度である。

フロントは2階にあった。ホテルに入ってすぐの所にあるエスカレーターで2階に向かい、チェックインを行った。

 

ホテルは、4階から9階が客室である。4階には自動販売機やコインランドリーがある。コインランドリーは9時から23時まで使用可能であるという。

 

部屋は9階であった。

客室の戸は引き戸である。珍しいように思った。

 

シングルルームの客室はコンパクトな作りであった。広さは12.7平米とのことである。

入ってすぐ右側に小さなスペースがある。スーツケースなどを置くことを想定しているのだろうか。使い捨てのスリッパや靴べらが置かれていた。

このスペースの上にはハンガーがあった。

 

部屋の大半をベッドが占めている。

反対側から撮影した。

ナイトテーブル。電話、メモ用紙、目覚まし時計が置かれていた。

空調や室内灯のパネルがある。

 

デスク。

 

デスクにはドライヤーも置かれていた。

 

インスタントの飲み物のセットがある。

緑茶とコーヒーであった。

ミネラルウォーターのペットボトルも置かれていた。

 

加湿空気清浄機があった。部屋が乾燥しているのでありがたい。

 

ベッド側から入り口を撮影した。

 

バス・トイレ。風呂は狭いタイプであった。

歯ブラシ、ひげそり、くしなどは最初から部屋に置かれていた。

 

部屋のデスクには、このような注意書きが置かれていた。新型コロナウイルス感染拡大防止のためということで、従業員が客室へ行くことを極力控えているという。

チェックインの際にも、このような注意書きをもらった。

なお、チェックインの際には検温があったほか、体調不良がないかを記入する用紙が準備されていた。

 

客室の鍵。特徴的な形である。

 

客室からの眺望。

 

【スポンサーリンク】


 

今回は朝食付きで予約していた。当日に朝食を追加する場合は1,320円であるという。

朝食は3階のお食事処「銀杏」でいただいた。

バイキング形式で、宮城・仙台の食材も多く並んでいた。入り口でビニール手袋を付けて、中に入った。

ご飯の上に載っているのは牛たんそぼろ煮と牛たんラー油である。

白石温麺。

デザート。ずんだプリン、コーヒーゼリー、ヨーグルト、果物である。

品数が多く、味も良く、大満足な朝食であった。

コーヒーは、部屋に持ち帰ることができた。

 

ホテルのチェックアウトは11時であった。朝もゆっくりと部屋で過ごすことができるのはありがたい。10時半過ぎにチェックアウトをした。

 

【スポンサーリンク】


 

今回も、チェックインの際にGo Toトラベル地域共通商品券1,000円分をもらっていた。

この商品券は、5日の昼食で利用した。

仙台駅のエスパルのレストラン街を見ると、10月に行ったときと比べて、この地域共通商品券を利用できる店が増えていた。「松島」という店に入り、ミニはらこセットをいただいた。

はらこ飯と芋煮のセットである。美味しくいただいた。1,320円であった。

 

【スポンサーリンク】


 

【仙台でのその他のホテルの宿泊記録】

3,仙台:東横INN仙台西口広瀬通:2020/10/8【2020/10東北】

仙台:スーパーホテル仙台・広瀬通り:2020/3/24

仙台:ナインアワーズ仙台:2020/1/23

仙台:仙台ビジネスホテル:2019/12/12

仙台:東横INN仙台駅西口中央:2019/11/30

仙台:R&Bホテル仙台広瀬通駅前:2019/11/1

仙台:ホテル松苑:2008/6/19

仙台:ホテルリッチフィールド青葉通り:2007/1/2

 

【スポンサーリンク】



-日本のホテル, ホテル, 2020その他, 記録

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.