日本の鉄道 JR北海道 鉄道 駅弁・車内販売ほか 記録 2009/3北海道

9,JR留萌本線:2009/3/10【2009/3北海道】

投稿日:2019年5月31日

【スポンサーリンク】



留萌駅はこの地区を代表する駅だけあって大きかった。待合室にも十分な数の椅子がある。しかし、この待合室にいたのは私の他にあと1人だけであり、がらんとしている。駅舎の2Fには「FMもえる」と名乗る地元のFM放送局が入っていた。

 

2009/3/10:JR留萌本線:普通:留萌→増毛

留萌駅のホーム。

19時09分発の留萌本線普通増毛行きは定刻に到着した。1両編成である。深川方面からの通勤客が大勢降りてきた。乗車すると、車内には3人しか残っていなかった。そのうち1人は次の瀬越で降り、後の1人もまもなくどこかの無人駅で降りていった。終点まで乗った客は私だけであった。暗いので風景は楽しめない。暗闇の中を列車は走る。人家の明かりはほとんど見えない。

終点増毛には19時34分に到着した。

ホームから見た増毛駅駅舎。

増毛駅はしっかりとした駅舎があるものの、誰もいない。駅蕎麦屋もシャッターを閉じている。駅前にはタクシーが寂しそうに客待ちしている。しばし写真を撮って過ごす。

 

2009/3/10:JR留萌本線:普通:増毛→深川

折り返しの19時49分発深川行きに乗車する。

留萌までは貸し切りだったが、留萌で数人乗り、その後も乗降がある。留萌以降はこの列車が深川方面の最終列車である。

車内で、札幌駅で購入した駅弁を食べる。弁菜亭の「幕の内弁当 いしかり」である。800円也。

深川までの道中、真布、北秩父別は通過する。高速道路と寄り添う区間も多いが、どことなく高速道路の方も灯りが暗く見える。

深川には21時10分に到着した。

なお、留萌本線は、この後、2016年12月5日を以て留萌から増毛の間が廃止となった。

 

【スポンサーリンク】

 

2009/3/10:JR函館本線:普通:深川→滝川

本日は旭川に泊まるのだが、次の旭川行き普通列車は22時05分である。55分も時間があるので、一度滝川まで行くことにした。21時13分発の岩見沢行きに乗ると21時32分に滝川に着き、21時39分発滝川始発の旭川行きに乗ることができる。この列車が深川を22時05分に出る旭川行きとなる。青春18きっぷなのだから、乗らなければ損である。

21時13分発の普通岩見沢行きは711系3両編成。1両目と3両目が3ドアに改造された編成であった。滝川には21時32分に到着した。

 

2009/3/10:JR函館本線:普通:滝川→旭川

跨線橋を渡って、21時39分発の普通旭川行きに乗車する。こちらも711系であった。

車内

洗面台。

旭川までの普通列車の最終であるが、乗客は少ない。静かな車内であった。21時59分に深川に到着する。ここで新千歳空港からの特急スーパーカムイ51号に道を譲る。終点旭川には22時32分に到着した。

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, JR北海道, 鉄道, 駅弁・車内販売ほか, 記録, 2009/3北海道

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.