インドネシアの街めぐり 街めぐり 記録 2011/4インドネシア

9,バタム島:ナゴヤヒル (1):2011/4/21【2011/4インドネシア】

投稿日:

【スポンサーリンク】



2011年4月21日木曜日。この日は、1日バタム島で過ごす。

翌朝は7時頃から朝食とのことだったので、早々に1階の朝食会場に行ってみる。

10時半ころまでベッドでゴロゴロとしているが、その後、ホテルから出てみることにする。玄関のところのセキュリティカウンターでタクシーを頼むと、すぐに呼んでくれる。街中を走っているタクシーではなく、ホテルが契約している車のようであった。

ショッピングモールの類はあるかと訊ねると、「ナゴヤヒル(Nagoya Hill)に行くか?」と言われる。そこまで連れて行ってもらう。値段はRp30,000也。

ナゴヤヒルは、日本だとイオンのようなショッピングモールであった。5階建てだっただろうか。平日ではあるが、わりと賑わっている。

1階から順に見て回るが、1階は大型スーパーマーケットが入店している。食料品はもちろん、日用雑貨から家電までも取り扱っている。ここにくれば生活するためのものは何でも揃うといった感じのマーケットである。野菜類がわりと充実していたのが印象的だった。また、魚売場には新鮮な魚が多く並べられ、その脇では寿司も売られていた。

雰囲気は、商品がやたらと山積みになっていることを除けば、日本のスーパーや大型電気店とあまり変わらないような気がした。とりあえず、ここでひげ剃りと飲み物を購入する。

ナゴヤヒルの1階には、スーパーマーケットの他に、携帯、CD、パソコン機器、デジタルカメラ等電気製品を売る商店がずらりと並んでいる。携帯電話も色々と種類があるようである。デジカメは日本製がほとんどであった。

CDショップに入り、インドネシアのポップスを物色。店員に最近の流行を伺う。アルバム1枚Rp60,000だっただろうか。アルバムを2枚購入する。

2階より上は、大小様々な店舗が並んでいる。服を売っている店が多かったように思う。大型の書籍店もある。5階にはゲームセンター、映画館、カラオケ店等娯楽施設も入店していた。

吹き抜けのスペースでは車の展示やイベントがなされている。

サンリオグッズはここでも人気らしい。

ゲームセンター。

また、このショッピングモールには、マタハリという大型の百貨店も入店していた。百貨店の1階は、やはり日本と同じく化粧品コーナーであった。

飲食店街は2階に多くあるが、1階と5階にもいくつかある。

1時間半近くかけて、ぶらぶらと店を見て回る。

2階にはフードコートがある。また、1階と5階にも食堂が入店している。ケンタッキーやピザハット、A&Wなどのチェーン店も入店している。値段は、日本人の感覚からすれば、どの店も比較的安い。

日本食の店か。

「美の味 OKOYAKI」という店では、たこ焼きやカツを売っている。たこ焼きは、中の具を選べるようなのだが、Original、Octopus、Prawn、…と続いている。Octopus(タコ)入りのたこ焼きが別に設定されているということは、Originalのたこ焼きにはタコが入っていないのだろうか。よく分からない。

昼飯は、1階のファーストフードで食べた。"Best Fried Chicken"という店で、"BFC"とも書かれていた。KFCを意識したものと思われる。

ミーゴレンシーフードとグレープのフローズンを注文した。どちらも美味しかった。

【スポンサーリンク】



-インドネシアの街めぐり, 街めぐり, 記録, 2011/4インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.